コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササノハベラ ササノハベラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササノハベラ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ササノハベラ【Pseudolabrus japonicus】

スズキ目ベラ科の海産魚(イラスト)。本州中部から沖縄の浅海の岩礁地帯で海藻の多い場所にすむ。朝鮮半島南部にも分布する。キュウセンなどよりやや体高が高い。全長25cmに達する。褐色の濃淡の地に不鮮明な十数個の白点が散在し,背びれには小黒点が2列に並ぶ。雄は青緑色が強く,雌は赤みがかっている。ササノハは,雄の体型と体色が〈ササの葉〉を思わせることに由来するともいわれるが,歯が小さいので〈細小(ささ)の歯〉を示したものともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササノハベラ
ささのはべら / 笹之葉倍良
bambooleaf wrasse
[学]Pseudolabrus japonicus

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。日本固有種で、本州中部から南西諸島に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)し、吻(ふん)はとがる。体色は雌雄で異なるだけでなく、すみ場所による個体変異も多い。一般に雄の体は前半部が暗赤色で、後半部は青みを帯び、背びれ棘(きょく)部に黒色斑(はん)がある。雌は赤褐色で頭部背面に細い黒色帯があり、背びれに2列の小黒色点と背部に2列の白色斑がある。全長25センチメートル。本州南西岸ではもっとも普通なベラの一種で、海藻が茂った浅い岩礁に多い。夜は岩陰や海藻の根元で眠り、冬は砂の中に潜って冬眠する。肉質は柔らかいが、ベラ類のなかでは味のよい種類。[荒賀忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ササノハベラの関連情報