コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サソリモドキ

3件 の用語解説(サソリモドキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サソリモドキ

節足動物蛛形(ちゅけい)綱サソリモドキ目の総称。ムチサソリとも。サソリモドキ目のものは世界に約70種,熱帯・亜熱帯に種類が多く,日本にはアマミサソリモドキタイワンサソリモドキの2種がすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サソリモドキ【whip‐scorpion】

蛛形(ちゆけい)綱サソリモドキ目Thelyphonidaに属する節足動物の総称。おもに熱帯地方に分布するが,日本でも九州,南西諸島にアマミサソリモドキTypopeltis stimpsonii(イラスト)が,八重山諸島にタイワンサソリモドキT.cruciferが生息している。外形は一見サソリに似ているが,類縁関係は薄く,人間に害を与えることはない。体長25~65mmで,前体部は堅い背甲に覆われ,8~12個の単眼をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サソリモドキ
さそりもどき / 尾蠍
whipscorpion

節足動物門クモ形綱サソリモドキ目Thelyphonidaに属する動物の総称。世界に約75種を産し、最大種は北アメリカのマスチゴプロクツス・ギガンテウスMastigoproctus giganteusで、体長75ミリメートル。形態、生態ともサソリに似るのでこの名がある。前体はサソリ同様背甲板に覆われ、幅広く長方形。後体(胴部)は12節で長卵形。後端3節は急に細く環状となり、末端は長く鞭(むち)状となる。夜行性で日中は石の下などに潜み、歩行性の昆虫類などを強大な触肢(しょくし)で捕食する。鞭状の尾部を直立することがあるが、サソリのように刺傷はせず、肛門(こうもん)部の嗅腺(きゅうせん)から酢酸臭の強い分泌液を噴出する。日本には2種を産す。英名を直訳して別名ムチサソリともいう。
 アマミサソリモドキTypopeltis stimpsoniは、九州南部、南西諸島に分布し、体長40ミリメートル内外。全体黒色、腹面は赤みを帯びる。タイワンサソリモドキT. cruciferは石垣島に産し、前種に似る。アマミサソリモドキの毒成分は酢酸78.3%、カプリル酸5.8%、水分15.9%である。[服部畦作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サソリモドキの関連キーワード蠍擬蛛形類青擬天牛擬鳳蝶蛾擬蟻擬蟷螂擬天牛鶴擬がんもどき

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サソリモドキの関連情報