コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サソリモドキ

百科事典マイペディアの解説

サソリモドキ

節足動物蛛形(ちゅけい)綱サソリモドキ目の総称。ムチサソリとも。サソリモドキ目のものは世界に約70種,熱帯・亜熱帯に種類が多く,日本にはアマミサソリモドキとタイワンサソリモドキの2種がすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サソリモドキ【whip‐scorpion】

蛛形(ちゆけい)綱サソリモドキ目Thelyphonidaに属する節足動物の総称。おもに熱帯地方に分布するが,日本でも九州,南西諸島にアマミサソリモドキTypopeltis stimpsonii(イラスト)が,八重山諸島にタイワンサソリモドキT.cruciferが生息している。外形は一見サソリに似ているが,類縁関係は薄く,人間に害を与えることはない。体長25~65mmで,前体部は堅い背甲に覆われ,8~12個の単眼をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サソリモドキ
さそりもどき / 尾蠍
whipscorpion

節足動物門クモ形綱サソリモドキ目Thelyphonidaに属する動物の総称。世界に約75種を産し、最大種は北アメリカのマスチゴプロクツス・ギガンテウスMastigoproctus giganteusで、体長75ミリメートル。形態、生態ともサソリに似るのでこの名がある。前体はサソリ同様背甲板に覆われ、幅広く長方形。後体(胴部)は12節で長卵形。後端3節は急に細く環状となり、末端は長く鞭(むち)状となる。夜行性で日中は石の下などに潜み、歩行性の昆虫類などを強大な触肢(しょくし)で捕食する。鞭状の尾部を直立することがあるが、サソリのように刺傷はせず、肛門(こうもん)部の嗅腺(きゅうせん)から酢酸臭の強い分泌液を噴出する。日本には2種を産す。英名を直訳して別名ムチサソリともいう。
 アマミサソリモドキTypopeltis stimpsoniは、九州南部、南西諸島に分布し、体長40ミリメートル内外。全体黒色、腹面は赤みを帯びる。タイワンサソリモドキT. cruciferは石垣島に産し、前種に似る。アマミサソリモドキの毒成分は酢酸78.3%、カプリル酸5.8%、水分15.9%である。[服部畦作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サソリモドキの関連キーワードサソリモドキ類ヤイトムシコヨリムシもどきクモ綱蛛形類鋏角類尻尾虫尾蠍書肺擬蠍蠍擬

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android