サッポロビール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッポロビール

日本最古のビール会社。 1876年に設立された北海道開拓使麦酒醸造所が,86年大倉組商会に払下げとなり,88年札幌麦酒を設立。 1906年札幌麦酒と日本麦酒,大阪麦酒の合同により大日本麦酒を設立。 33年日本麦酒鉱泉,43年桜麦酒を合併。 49年大日本麦酒分割により日本麦酒設立,64年現社名に変更。ビールのシェアは2割弱で,清涼飲料,ワイン,輸入洋酒など多角化戦略を展開する。 94年恵比寿ガーデンプレイスがオープンし,賃貸収入が売上げに寄与している。売上構成比は,ビール 84%,清涼飲料水6%,ワインなど3%,不動産ほか7%。年間売上高 6057億 100万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 438億 3100万円 (1998) ,従業員数 3689名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサッポロビールの言及

【ビール】より

…【上村 稔】
【ビール工業】
 ビールを生産する産業。日本のビール工業は典型的な寡占産業で,麒麟麦酒,サッポロビール,朝日麦酒,サントリー,それに沖縄県のオリオンビールの5社だけで生産を行っている。ただし,オリオンビールの生産量は少量であるので,実際は4社といってよい。…

※「サッポロビール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サッポロビールの関連情報