コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバジオス サバジオス Sabazios

3件 の用語解説(サバジオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバジオス
サバジオス
Sabazios

フリュギアないしトラキアの神。ギリシアでは,しばしばディオニュソスやその前身のザグレウスと同一視され,またときにゼウスと同一視される。サバジオス崇拝はキュベレアッティスの崇拝と結びついて,前5世紀頃ギリシアに移入されたが,自己陶酔的な狂乱を伴うのが特徴で,へびが重要な役割をになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サバジオス【Sabazios】

古代小アジア西部のフリュギアおよびリュディア地方を中心に崇拝された豊穣神。ギリシアへは前5世紀ごろに伝わり,しばしばディオニュソスと同一視された。彼の聖獣のうちでは蛇が最も重要視され,前4世紀のアテナイの雄弁家デモステネスによれば,信者たちは彼の祭りの行列で,きつく握りしめた蛇をふりまわしながら熱狂乱舞したという。2世紀にはイタリアでも広く崇拝された。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバジオス
さばじおす
Sabzios

トラキア、フリギアの神。その信仰は小アジアが中心で、ギリシアへは紀元前5世紀末に流入し、ゼウスとペルセフォネの子とされた。またその狂乱を伴う信仰儀式からディオニソスと同一視されたが、信仰が盛んになったのはヘレニズム時代(前330~前30)以降のことである。父ゼウスが蛇に姿を変えてペルセフォネと交わったことから、この神は蛇を聖獣とするが、この神自身も蛇の姿で巫女(みこ)たちと交わり、多くの子をなしたという。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サバジオスの関連キーワードキュベレゴルディオン汎アジア主義フリュギアフリュギア語ペルガモン王国オリュデニズリュディア王国フリュギア王国フリュギア人

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone