コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボルド サボルド Savoldo, Giovanni Girolamo

2件 の用語解説(サボルドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボルド
サボルド
Savoldo, Giovanni Girolamo

[生]1480頃.ブレシア
[没]1548以後.ベネチア?
イタリアの画家。フィレンツェで修業したのち,主としてベネチアで活動。ジョルジョーネの影響を受け,聖書や神話をモチーフに幻想的な情景の肖像画を制作した。作品『ガストン・ド・フォアの肖像』 (ルーブル美術館) ,『聖マタイの幻想』 (メトロポリタン美術館) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サボルド【Giovanni Gerolamo Savoldo】

1485ころ‐1548
イタリアの画家。16世紀前半のロンバルディア派最大の作家の一人。ブレシアに生まれ,同地のフレスコ画家V.フォッパの影響下に育ったと考えられる。1508年フィレンツェの薬種業組合にその名があるが,これ以外にはいっさい記録が残っていない。16世紀初頭ベネチアに数年学んだともされているが,ティツィアーノではなく,ジョルジョーネの形体と瞑想的画風とが残った。代表作はイタリア北部の各地にあるが,とくに《羊飼いの礼拝》《マタイと天使》《トビアと天使》は傑作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サボルドの関連キーワードランゴバルド王国ロンギロンバルディアメルカンティ広場ロンバルディア平原バルディセラ岩ロンバルディア都市同盟ロンバルディア人ロンバルディアの貧者ロンバルディア王国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone