コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤン山地 サヤンさんち

百科事典マイペディアの解説

サヤン山地【サヤンさんち】

ロシア,南シベリアの山脈。ほぼT字形に交差する東西2山脈からなる。西脈は延長約650km,テレツコエ湖から北東に走り,東脈に突き当たる。東脈は延長約1000km,エニセイ川左岸から南東に走り,モンゴルとの国境に達する。
→関連項目中央アジアロシア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サヤンさんち【サヤン山地 Sayany】

ロシア連邦東シベリア南部の山地アルタイ山脈の東方からバイカル湖西岸近くまでつづき,東西1500km,南北500kmにおよぶ。ロシアのクラスノヤルスク地方イルクーツク州トゥバ共和国およびブリヤート共和国にまたがる。山地は多数の雁行する山脈,断層盆地などに分かれ,その間を地形の弱線に沿ってエニセイ川上流部支流などが深い谷を刻んで流れ,ミヌシンスク盆地,トゥバ盆地(中心都市キジル,チャダン)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android