コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラバンド sarabande

翻訳|sarabande

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラバンド
sarabande

12世紀にスペインで発生し,17~18世紀にヨーロッパ宮廷で流行した舞踊。ムーア人の豊作を祝う民俗舞踊起源するとも,メキシコに起源するともいわれ,名称はアラビア語の「騒音」あるいはスペイン語の「舞踏会」に由来するといわれる。スペインではカスタネットや鈴に合せて女性のみによって踊られた。踊りの挑発的な性格からフェリペ2世に禁じられたこともあるが,陽気な踊りの様子はセルバンテスも描写している。 17世紀にフランス宮廷バレエに取入れられ,ゆるやかで上品な行列舞踊になった。音楽はゆっくりした2分の3拍子あるいは4分の3拍子で,アルマンドクラントジグとともに古典組曲の一楽章として用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サラバンド(saraband/〈フランス〉sarabande)

17~18世紀にヨーロッパで流行した緩やかな三拍子舞曲。組曲の中の一曲としても用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サラバンド

17―18世紀に流行したゆるやかな舞踊。3拍子系。起源は不詳だが,16世紀スペインから英国,フランスに広まった。のちバロックの組曲の楽章の一つとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サラバンド【saraband】

17~18世紀にヨーロッパで流行した古典舞曲。起源について定説はないが,16世紀のラテン・アメリカやスペインで歌を伴う舞曲として存在し,17世紀前半にヨーロッパ各地の宮廷に普及した。性格も地域や時代によりさまざまであるが,主として緩やかな3/4拍子または3/2拍子の荘重な趣をもち,弱起を用いないのが通例で,第2拍に長い音符をおき,アクセントがつけられる。フローベルガーがバロック舞踊組曲に導入して以来,一般にクーラントジーグの間におかれて組曲中の花形舞曲となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サラバンド【sarabande】

一七、八世紀にスペインをはじめヨーロッパ各地の宮廷で流行した、ゆるやかな速度の三拍子の舞踊。および、その音楽を様式化した器楽曲。古典組曲中の基本的な曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラバンド
さらばんど
sarabandeフランス語
Sarabandeドイツ語
zarabandaスペイン語

17、18世紀にヨーロッパで流行した荘重な3拍子の舞曲。本来はスペインのアンダルシア地方、もしくはラテンアメリカに由来する急速な踊りであった。16世紀のスペイン宮廷で流行したが、奔放で官能的すぎるという理由で禁止された。ところが17世紀初めにフランス宮廷に広まったころから、テンポがしだいに遅くなり、優雅な踊りへと変わっていく。17世紀後半と18世紀の舞踊組曲では、クーラントの後、ジーグの前に置かれるようになった。またこのころ鍵盤(けんばん)曲では、リュート様式を取り入れた旋律的な「軽いサラバンド」と、和音が中心となり2拍目にアクセントをもつ「荘重なサラバンド」の2種類が展開したが、18世紀中ごろには後者のほうが主流となっていく(ラモー、バッハ、ヘンデル)。サラバンドは19世紀に一度姿を消すが、20世紀初めに昔の優雅な雰囲気を漂わせた舞曲として復活する(ドビュッシー、サティ、ストラビンスキー)。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサラバンドの言及

【スペイン舞踊】より

…16~17世紀のスペイン舞踊の代表的なものとしてはアルタalta,バハ・ダンサbaja danza,カナリオcanario,チャコーナchacona,エスパニョレータespañoleta,フォリーアfolía,サラバンダzarabanda等が知られ,ほかにも舞踊の形式はきわめて多い。以上のうちチャコーナはシャコンヌ,サラバンダはサラバンドとしてヨーロッパ各地に広まり,やがて器楽曲の重要な形式として定着したものである。また,スペインの新大陸進出に伴って,新大陸にも伝えられた。…

※「サラバンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サラバンドの関連キーワードバッハ:前奏曲とパルティータ ヘ長調(第3旋法による)/piano soloバッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調/piano soloバッハ:パルティータ 第4番 ニ長調/piano soloバッハ:パルティータ 第3番 イ短調/piano soloバッハ:パルティータ 第2番 ハ短調/piano soloバッハ:パルティータ 第5番 ト長調/piano soloバッハ:パルティータ 第6番 ホ短調/piano soloロドリーゴ:遥かなるサラバンド/piano soloサティ:3つのサラバンド/piano soloバッハ:組曲 変ホ長調/piano soloベルイマン(Ingmar Bergman)エリック・アルフレッド・L. サティアンリ デュティユー組曲 [suite]ハークネス・バレエ団サラ ブライトマンストラビンスキーモリス ルイスリヴ ウルマンスペイン舞踊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラバンドの関連情報