コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルフの戦い サルフのたたかい Sarhū

2件 の用語解説(サルフの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルフの戦い
サルフのたたかい
Sarhū

中国,明末の万暦 47 (清の天命4〈1619〉) 年に清 (当時は後金) の太祖ヌルハチ (奴児哈赤) が明の大軍を迎え討ち,大勝した戦い。サルフ (薩爾滸) は遼寧省の撫順の東方に位置する山で,蘇子河と渾河の合流点に近い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルフの戦い
さるふのたたかい

中国、撫順(ぶじゅん)の東方、渾河(こんが)南岸の山であるサルフSarh(薩爾滸)で、1619年に清(しん)(当時は後金)の太祖ヌルハチと明(みん)軍の間で行われた決戦。この戦いを契機にヌルハチの勢力は一挙に拡大し、明清交代の原因の一つとなった。ヌルハチは18年に「七大恨」を掲げて明に宣戦布告し撫順を陥れたので、明朝ではヌルハチの拠城ホトアラ(興京)を討つべく、揚鎬(ようこう)を総大将とする10万の大軍を4路に分けて派兵した。ヌルハチの総力は1万強(6万という説もある)であったが、機動力を生かしたヌルハチの軍は、サルフの戦いなど八度に及ぶ戦いで各個撃破し、明軍に壊滅的打撃を与えた。この結果、ヌルハチの勢力は遼東(りょうとう)半島進出に及んで、清朝建国の第一歩を築いた。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルフの戦いの関連キーワード袁崇煥古染付徐光啓智旭万暦赤絵李之藻知命天命を知る錦手万暦窯

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone