コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワギク(沢菊) サワギクSenecio nikoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワギク(沢菊)
サワギク
Senecio nikoensis

キク科の多年草。北海道から九州にかけて各地の山地のやや湿った林内に生え,しばしば群生する。密に白毛のある根生葉があり,茎は直立して高さ 40~100cmとなる。茎葉は互生し深く羽状に裂ける。6~7月,茎頂に散房花序をなして径 1cmほどの黄色の頭状花をつける。筒形の総包に包まれ,舌状花は 10個ほどで幅 1mmほどの線形である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワギク【サワギク(沢菊) Senecio nikoensis Miq.】

日本全土に分布する固有種で,山地の沢沿いの林床に生えるキク科の多年草(イラスト)。ボロギクともいう。根出葉花時にはないが,茎の下部とともに白毛によって覆われる。茎は直立し,高さ40~120cm,深裂した薄い茎葉を互生する。花は6~8月,枝の先にやや散状に多数つく頭花である。頭花は黄色で,筒状花と舌状花からなり,径12mm。総苞は1列,花柄は細く,苞を欠く。瘦果(そうか)は長さ1.5mm,細毛を生じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android