コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンアントニオ San Antonio

翻訳|San Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンアントニオ
San Antonio

アメリカ合衆国中央南西部,テキサス州中央部の都市。エドワーズ高原の南東端,オースティンの南西 130kmに位置する。1691年スペイン人が入植し,1718年5月1日,サンアントニオ・デ・バレロ伝道所(→アラモ)の建設をもって創設された。1821年メキシコ独立革命によりメキシコ領となったが,1835~36年アラモが包囲され,守備隊はメキシコ軍に殺された。1845年アメリカ領となる。1890年代には家畜集散地として発展,「家畜の通路(チザム・トレイル)」の起点となり,今日も肉牛,野菜,羊毛の集散地で精肉業が盛ん。アメリカ陸軍・空軍の大規模な基地で,兵学校,訓練所がある。メキシコとの陸・空路の要地。スペイン風,メキシコ風の建築物,アラモの史跡,セントメリー大学(1852創立),トリニティ大学(1869創立)などがある。今日もヒスパニックが多く住む。アラモを含む五つの伝道所が 2015年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 132万7407(2010)。

サンアントニオ
San Antonio

チリ中部,太平洋にのぞむ港湾都市。首都サンチアゴの西約 90kmにあり,鉄道,道路で結ばれ,首都に最も近い港として重要。背後に肥沃な農業地帯を控え,果実,ワイン,大麦,小麦などを積出すとともに,東南東約 130kmにあるエルテニエンテ銅山からランカグアを経て鉄道で運ばれてくる銅を積出す。また海浜保養地として知られ,沿岸に連なるカルタヘナ,ヨイェオなどの保養地への観光基点ともなっている。人口7万 7635 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐アントニオ(San Antonio)

米国テキサス州南部の商工業都市。メキシコへの交通・貿易上の要地。精油業なども盛ん。テキサス独立戦争(1836年)当時のアラモの砦(とりで)が残る。人口、行政区135万(2008)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンアントニオの関連キーワードパセオナイトシフト 真夜中の救命医タワーホイットリー ストリーバーサンアントニオ・スパーズアルベルト ゴンザレスデスティニー フッカーマイク ウォフォードヘンリー シスネロスキャロル バーネットロバート ロドリゲスウェンディ ウォードキティ ファーガソンリック リオーダンケビン レイノルズリク ガトームソンサンアントニオ宣言テキサン文化研究所テキサスセレクトゴヤのパンテオン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンアントニオの関連情報