コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ海 サンゴかいCoral Sea

翻訳|Coral Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴ海
サンゴかい
Coral Sea

コーラル海ともいう。太平洋の縁海の一つで,オーストラリア,ニューギニアメラネシアに囲まれた海域。西にトレス海峡を通ってアラフラ海ティモール海インド洋に通じ,南はタスマン海と接する。北はソロモン海につながる。最深部は南ニューヘブリディーズ海溝にあって 7570m。サンゴ海には世界三大堡礁がある。北東オーストラリア大陸棚上のクインズランド大堡礁,南東パプアとルイジアード諸島海域のタグラ大堡礁,ニューカレドニア大堡礁である。第2次世界大戦中,日米海戦の戦場とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンゴ海
さんごかい / 珊瑚海
Coral Sea

南西太平洋の一部。オーストラリア北東岸、ニューギニア南東岸、ソロモン諸島、ニュー・ヘブリデス諸島、ニュー・カレドニアに囲まれた範囲をいう。西はトレス海峡でアラフラ海と、北はルイジアード諸島でソロモン海とくぎられるが、南のタスマン海とは境界はなく、ほぼ南回帰線ないしは南緯25度線付近までをサンゴ海という。熱帯海域で、名前のとおりサンゴ礁の発達がみられ、オーストラリア東岸のグレート・バリア・リーフ(大堡礁(だいほしょう))はとくに有名である。サンゴ海盆の水深は3000~4500メートルであるが、東縁のニュー・ヘブリデス海溝は9035メートルに達する。この海域の海流はニューギニア東方を南下する暖流で、東オーストラリア海流という。第二次世界大戦中の1942年、この海域で日本とアメリカとの間にサンゴ海海戦が戦われた。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サンゴ海の関連キーワード太平洋戦争(第二次世界大戦)グレートディバイディング山脈海戦(海上で行う戦闘)太平洋戦争史(年表)ウミヘビ(爬虫綱)カーペンタリア湾ニューギニア島サンゴ海海盆ヨーク岬半島フィジー海パプア湾井上成美祥鳳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンゴ海の関連情報