コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタカタリナ島 サンタカタリナとうSanta Catalina Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタカタリナ島
サンタカタリナとう
Santa Catalina Island

アメリカ合衆国カリフォルニア州,ロサンゼルス南方の島。 1542年 J.R.カブリリョが到達した。この島には 1602年頃スペイン人の S.ビスカイノの探検隊が避難したことがあり,この隊長がアレキサンドリアのセントカテリーヌにちなんで島の名をつけた。アメリカ=メキシコ戦争以後 (1848) ,アメリカ合衆国領となった。 1919年 W.ウルグレイが買取ってから観光地として発展し,現在チャネル諸島中,最も開発の進んだ島となっている。海底山脈の頂部が海面上に現れているもので,最高峰はオリザバ山 (613m) 。岬や湾の多い複雑な海岸線をつくっている。夏季温暖乾燥,冬季温和で降雨のある地中海式気候を呈する。南東端のアバロンが唯一の都市で,水路および空路により対岸のロングビーチやニューポートビーチと結ばれている。アバロン湾の海底公園は,ガラス張りの船底を通して豊富な海中生物を見ることができるので有名。面積 192km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタカタリナ‐とう〔‐タウ〕【サンタカタリナ島】

Santa Catalina Island》米国カリフォルニア州、ロサンゼルスの沖合約40キロメートルにある、サンタバーバラ諸島の島。観光・保養地として知られる。中心地はアバロン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタカタリナとう【サンタカタリナ島】

アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス沖約40kmにある、大自然を満喫できる島。コバルトブルーの海に囲まれた島で、アンジェリーノ(ロサンゼルス在住者)がのんびり休日を過ごすために訪れる身近なリゾートである。ロサンゼルスの主要な港から、1~2時間でアクセスできる。ダイビングやシュノーケリング、シーカヤック、釣りなどのほか、イルカウォッチングやガラス底のボートに乗って海中観察もできる。島の中心、アバロンはホテルやレストランが集まっているエリアで、その南約3km、島の最南端にあるリグレイ記念碑と植物園には、19世紀の後半から20世紀初頭にかけてこの島の開発に尽力したウィリアム・リグレイを記念した碑が立てられている。◇現地名は「St. Catalina Island」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

サンタカタリナ島の関連キーワードフロリアノポリス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android