サンタクロース(読み)さんたくろーす(英語表記)Santa Claus

翻訳|Santa Claus

日本大百科全書(ニッポニカ)「サンタクロース」の解説

サンタクロース
さんたくろーす
Santa Claus
Santa Klaus

キリスト教の聖人ニコラスの異称。英語表記の正しい発音はサンタクローズ。4世紀初め、小アジア(トルコ)のリュキアの首都ミュラの司教であった聖ニコラスSaint Nicholasは、他の伝承を吸収しながら、ギリシア正教会の世界でもっとも有名な聖人になった。1087年、聖遺物が南イタリアのバリに伝えられ、その崇拝がヨーロッパにも広まった。中世にはすでに2000のニコラス教会があり、至る所の広場、橋、道端に立像がみられた。聖ニコラスは船乗り、パン屋、薬局、商人、法律家、子供、学生、不当に捕らえられた者、旅行者、あるいは水など、多方面の守護聖人になり、崇拝の大衆性をうかがわせる。祭日は12月6日。オーストリアではいまでもこの前夜に、司教に扮(ふん)した者が仮面や藁(わら)、毛皮で仮装した者たちと行列を組んで村を練り歩き、子供たちに説教し、あとで菓子やミカンなどをくれる。行列には新年の豊饒(ほうじょう)を願う機能もある。しかしこうしたカトリック地域の行事は、北ドイツのようなプロテスタントの地域では廃止されるか、クリスマスに移された。これによって、聖ニコラスとクリスマスが切り離せない関係になった。

 もともと聖ニコラスの日は、中世の修道院付属学校の少年司祭の行事と結び付いて、子供の祭日という性格を強めていたが、19世紀の初めには、子供に贈り物をする聖ニコラスのイメージが定着した。ヨーロッパには、ひげの老人が白馬、ロバ、鹿(しか)に乗ってくるという土地もある。

[飯豊道男 2018年2月16日]

『W・ディーナー著、川端豊彦訳『ドイツ民俗学入門』第2版(1969・弘文堂)』『谷口幸男、遠藤紀勝著『仮面と祝祭』(1982・三省堂)』『国際機関日本サンタピア委員会監修『クリスマス事典』(2001・あすなろ書房)』『稲垣美晴著『サンタクロースの秘密』(講談社文庫)』『賀来周一著『サンタクロースの謎』(講談社プラスアルファ新書)』『J・G・フレーザー著、永橋卓介訳『金枝篇3』改版(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「サンタクロース」の解説

サンタ‐クロース(Santa Claus)

クリスマス前夜、子供たちに贈り物を届けるという白ひげの伝説上の老人。4世紀小アジアミラの司教セント‐ニコラウスに由来し、その祝日12月6日の前夜に贈り物を交換する習慣がさまざまに転化し、さらにオランダ系ピューリタンによって米国に伝えられ、クリスマスに贈り物をする習慣と結合した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「サンタクロース」の解説

サンタ‐クロース

〘名〙 (Santa Claus) (四世紀頃の小アジア、ミュラの司教で子ども好きの慈善家であった聖ニコラスに由来し、米国で一般化、世界各国に広まったとされる) クリスマスの前夜、子どもたちに贈り物を配って回ると伝えられる、赤い服を着た白ひげの老人。サンタ。《季・冬》
※いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「去年のクリスマスに貰ったんださうだ。それもサンタクロウスに貰ったといふから珍らしいや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android