コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクロース サンタクロース Santa Claus

翻訳|Santa Claus

3件 の用語解説(サンタクロースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタ‐クロース(Santa Claus)

クリスマスの前夜、子供たちに贈り物を届けるという白ひげの伝説上の老人。4世紀小アジアミラの司教セント‐ニコラウスに由来し、その祝日12月6日の前夜に贈り物を交換する習慣がさまざまに転化し、さらにオランダピューリタンによって米国に伝えられ、クリスマスに贈り物をする習慣と結合した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サンタクロース【Santa Claus】

四世紀頃、小アジアのミュラの司教であったセント-ニコラウスの、アメリカで一般化した呼称。子供たちに贈り物をした話がアメリカに伝わり、クリスマスに贈り物をする習慣と結びついて、クリスマス前夜に贈り物を持って子供たちを訪れる赤外套を着た白ひげの老人の姿となった。サンタ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンタクロース
さんたくろーす
Santa ClausSanta Klaus

キリスト教の聖人ニコラスの異称。英語表記の正しい発音はサンタクローズ。4世紀初め、小アジアトルコ)のリュキアの首都ミュラの司教であった聖ニコラスSaint Nicholasは、他の伝承を吸収しながら、ギリシア正教会の世界でもっとも有名な聖人になった。1087年、聖遺物が南イタリアのバリに伝えられ、その崇拝がヨーロッパにも広まった。中世にはすでに2000のニコラス教会があり、至る所の広場、橋、道端に立像がみられた。聖ニコラスは船乗り、パン屋、薬局、商人、法律家、子供、学生、不当に捕らえられた者、旅行者、あるいは水など、多方面守護聖人になり、崇拝の大衆性をうかがわせる。祭日は12月6日。オーストリアではいまでもこの前夜に、司教に扮(ふん)した者が仮面や藁(わら)、毛皮で仮装した者たちと行列を組んで村を練り歩き、子供たちに説教し、あとで菓子やミカンなどをくれる。行列には新年の豊饒(ほうじょう)を願う機能もある。しかしこうしたカトリック地域の行事は、北ドイツのようなプロテスタントの地域では廃止されるか、クリスマスに移された。これによって、聖ニコラスとクリスマスが切り離せない関係になった。
 もともと聖ニコラスの日は、中世の修道院付属学校の少年司祭の行事と結び付いて、子供の祭日という性格を強めていたが、19世紀の初めには、子供に贈り物をする聖ニコラスのイメージが定着した。ヨーロッパには、ひげの老人が白馬、ロバ、鹿(しか)に乗ってくるという土地もある。[飯豊道男]
『W・ディーナー著、川端豊彦訳『ドイツ民俗学入門』(1960・弘文堂) ▽遠藤紀勝著『仮面と祝祭』(1982・三省堂) ▽国際機関日本サンタピア委員会監修、クリスマスを考える会構成『クリスマス事典』(2001・あすなろ書房) ▽稲垣美晴著『サンタクロースの秘密』(講談社文庫) ▽賀来周一著『サンタクロースの謎』(講談社プラスアルファ新書) ▽J・G・フレーザー著、永橋卓介訳『金枝篇3』改版(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタクロースの関連キーワードクリスマスイブクリスマスカードクリスマスキャロルクリスマスセールクリスマスツリー聖夜前夜聘礼クリスマスプレゼント届物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンタクロースの関連情報