サンプル値制御(読み)サンプルちせいぎょ(英語表記)sampled data control

世界大百科事典 第2版の解説

サンプルちせいぎょ【サンプル値制御 sampled data control】

自動車の運転をするときには,たえず前方を注視し速度進路の調整を行う。これに対して,室の暖房を調節するときには,ときどき温度計を見て暖房器のつまみを操作するのがふつうであろう。人手によらず自動制御を実施する際にもこの両様方式が考えられる。前者を連続時間制御といい,後者をサンプル値制御という。すなわちサンプル値制御においては,制御の対象となる量を間欠的に,通常は一定時間間隔ごとに測定する(図1)。これをサンプリングといい,測定する時刻サンプリング時刻,その間隔をサンプリング周期という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android