コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーバル Leptailurus serval; serval

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーバル
Leptailurus serval; serval

食肉目ネコ科。体長 70~100cm。前後肢が著しく長く,走るのが速い。尾は比較的短く,耳は大きい。あまり深くない藪地を好み,ホロホロチョウなどの中型の鳥を捕食するが,これらを捕えるとき,じっと待伏せして,飛立つ瞬間をねらって,全速力で追いかける習性がある。ときにはノウサギ類ダイカーなども捕える。サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布し,低木林,岩場,サバナなどにすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーバル【serval】

ヤマネコの1種(イラスト)。四肢が長く走行に適する。食肉目ネコ科の哺乳類。アフリカのサハラ砂漠以南の草原に分布。体長67~100cm,尾長24~45cm,体高54~62cm,体重8.7~18kg。耳が大きく三角形で先がややとがり,体は黄土色で,暗褐色ないし黒色の斑点がある。体色や斑点には変異があり,斑点が非常に細かいものは,かつて別種とされサーバリンと呼ばれた。また,全身黒色のものもある。単独でくらし,日中は林縁や水辺の草むらで休み,夜活動する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーバル
さーばる
serval
[学]Leptailurus serval

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。サハラ砂漠以南のアフリカの草原に生息する。体長70~100センチメートル、尾長35~40センチメートル、体重8~9キログラム。体は四肢が細長く、黄土色の地に黒褐色の斑点(はんてん)がある。耳は三角形で大きく、尾は短い。単独で生活し、おもに夜行性で、木登りや泳ぎがうまい。走るのが速くジャンプ力もあり、低く飛ぶ鳥を前足でとらえることができる。主食はデバネズミなどの地下生のネズミであるが、ウサギ、ハイラックス、小形のレイヨウなども捕食する。1頭で一つの縄張り(テリトリー)をもつが、そこには1か所以上の水場がある。妊娠期間はおよそ74日で、安全な巣穴で1産1~3子、ときに5子を産む。巣穴は小山のように堆積(たいせき)した草の間や、イボイノシシやヤマアラシが捨てた穴である。寿命は飼育下でほぼ20年。ケニアでは、ダムにすみついて悪影響を及ぼす移入動物のヌートリアを捕食するため、害獣駆除に役だっている。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサーバルの言及

【ネコ(猫)】より

…ネパールから東南アジアに分布するマーブルキャットFelis marmorataやウンピョウなどは樹上でも狩りをする。サーバルF.servalカラカルF.caracalなどは空中に高く跳び上がり,飛んで逃げる鳥をもとらえる。ジャガーなどは獲物を追ってしばしば水に入る。…

※「サーバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サーバルの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)サーバルマティアーシュラムヒンドゥー・マハーサバーヒンドゥー・マハーサバーカフジジュッジ国立鳥類保護区アーメダバードイボイノシシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーバルの関連情報