コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーラシ サーラシ Szálasi Ferenc

2件 の用語解説(サーラシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーラシ
サーラシ
Szálasi Ferenc

[生]1897.1.6. コシツェ
[没]1946.3.12. ブダペスト
ハンガリーファシズム運動指導者。アルメニアルテニアスロバキアなど多くの血の混った家系に生れた。第1次世界大戦に参加したのち,1925年将校。社会民族主義の理論にとらわれ,35年「民族の意思党」を結成,大衆的人気を獲得して「矢十字党」の指導者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーラシ
さーらし
Szlasi Ferenc
(1897―1946)

ハンガリーの軍人、ファシスト。軍人畑を歩き、1925年から参謀本部付となる。軍内部の極右に属し、30年には人種主義的なハンガリー生活同盟に加入した。33年に排外主義反ユダヤ主義全体主義を盛り込んだ「軍事綱領」を発表し、農本的ハンガリー主義を唱えた。35年に軍務を退き、国家社会主義的な国民の意志党を創設。37年からナチス型の矢十字運動を展開したが、翌年国家転覆罪で投獄された。40年に釈放され、矢十字党指導者として矢十字諸派を糾合。ドイツ軍占領下の44年10月に総統として矢十字内閣を組閣し、反ユダヤのテロを行った。戦後に戦犯として処刑された。[家田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーラシの関連キーワード故実個室痼疾三角数スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団コシツェ綱領コシツェ・マラソンツェマッハ,N.メルツェル,J.N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーラシの関連情報