コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイツ Seitz, Adalbert

2件 の用語解説(ザイツの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ザイツ Seitz, Adalbert

1860-? ドイツの医師,昆虫学者。
明治時代に来日。本州と九州で鱗翅(りんし)類を採集。明治24年(1891)神戸から大阪の箕面(みのお)へ蝶,蛾(が)の採集にいった記録がある。著作に「世界大形鱗翅類図説」(16巻)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザイツ
ざいつ
Frederick Seitz
(1911―2008)

アメリカの物理学者。大学・学術界の指導者として広範に活躍した。スタンフォードおよびプリンストン大学に学び、1936年ロチェスター大学の物理学准教授となり、その後、ゼネラルエレクトリック研究所、ペンシルベニア大学カーネギー工科大学を経て、1949年イリノイ工科大学の物理学教授となる。1968年ロックフェラー大学(ニューヨーク市)学長、1989年マイアミ大学(フロリダ)学長に就任する。また、1959~1960年NATO(ナトー)(北大西洋条約機構)の科学顧問、1962~1969年国立科学アカデミー会長、1975~1976年ホワイトハウス先進科学技術会議顧問団など、数多くの機関の役職を務めた。1933年ごろ、ウィグナーと、金属の凝集エネルギーに関する共同研究を行い、ウィグナー‐ザイツの方法を提唱した。この方法は、原子と金属を統一的に理解しようとする初めての試みとして、その創造的発想が高く評価されたが、精度の点で劣り、実用的でないとされている。そのほか、転移理論、イオン結晶の着色中心の理論、誘電破壊など、固体物理学に関する研究を残している。主著に『現代固体理論』Modern Theory of Solids(1940)、『金属物理学』Physics of Metals(1943)、『固体物理学』Solid State Physics(1955)、『最先端――私の科学生活』On the Frontier ; My Life in Science(1994)、『スターリンの囚(とら)われ人――ニコラス・リールとソ連の原爆競争』Stalin's Captive ; Nikolaus Riehl and the Soviet Race for the Bomb(1996)などがある。フランクリン協会賞(1965)、アクタ・メタラジカ賞(1993)、材料研究学会賞(1993)、スミソニアン研究所のジョセフ・ヘンリー勲章(1997)などを受けている。[今野 宏]
『フレデリック・サイツ、ノーマン・アインシュプラッハ著、堂山昌男・北田正弘訳『シリコンの物語――エレクトロニクスと情報革命を担う』(2000・内田老鶴圃)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザイツの関連キーワードグリム西ドイツブント松村松年統一ドイツ石井象二郎素木得一フリッツェ正木進三矢野宗幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザイツの関連情報