コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザカリアス ザカリアスZacharias

翻訳|Zacharias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザカリアス
Zacharias

[生]?
[没]752.3.14/22.
ギリシア人教皇 (在位 741~752) ,聖人。ランゴバルドの王たちに影響力をもち,ビザンチン帝国のラベンナ総督管区がその王国に編入されるのを防いだ。フランク王国にも大きな影響力をもち,ピピンの登位を認め,帝権との間の将来の関係や当時の叙任権論争に重大な一石を投じた。教皇グレゴリウス1世の『対話』をギリシア語に訳し,東方に広めたほか,聖画像崇敬の再興を東方に求めた。祝日3月 22日。

ザカリアス
Zacharias, Scholasticus

[生]?
[没]533頃
ミテュレネの司教。キリスト単性論者。パレスチナのガザ近郊で生まれ,ガザのアエネアスプロコピウスとともにガザの3傑といわれる。アンチオキアセウェルスの伝記や教会史を著わした。教会史はシリア語訳が現存,450~91年の資料として貴重。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザカリアスの関連キーワードステファヌス2世(3世)グレゴリウス(2世)ザハリアーシュ広場ヒルデリヒ[3世]ステファヌス2世ザカリアス広場ビザンチン帝国ピピン[3世]ピピンの寄進カロリング朝フランク王国ランゴバルドパリサイ派テルチ城ピピン影響力テルチ顕微鏡登位在位

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android