コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザグレウス ザグレウスZagreus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザグレウス
Zagreus

古代ギリシアの密儀宗教オルフェウス教の神。ゼウスが娘のペルセフォネと,ヘビに化身し交わってもうけた子で,父に鍾愛され,その後継者の地位を約束され,アポロンとクレテスたちに預けられて,パルナソスの山中でひそかに育てられていたが,このことを知ったゼウスの妃ヘラは,ティタンたちをそそのかしてこの幼児の神を虐殺させた。ティタンたちは,彼を八つ裂きにし,その肉を料理して食べたところで,このことを知ったゼウスによって雷で焼殺され,その灰から人間がつくられたので,人間は,オルフェウス教の教義によれば,ティタンに由来するあしき肉体の牢獄の中にザグレウスの破片にほかならない神的霊魂をもつことになった。一方ザグレウスの心臓は,まだティタンに食われず鼓動し続けていたのを,アテナがゼウスに渡し,ゼウスはこれを飲み,またはセメレに飲ませたうえでこの愛人と交わり,ディオニュソスをもうけたので,ディオニュソスは,実はザグレウスの生れ変りにほかならないという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザグレウス【Zagreus】

古代ギリシアのオルフェウス教でディオニュソスと同一視される神。蛇の姿に変じたゼウスがペルセフォネと交わって生まれた子で,父神の後継者となるべく養育されていたが,ゼウスの妃ヘラにそそのかされたティタン神たちに八つ裂きにされて食われた。ただ心臓だけは女神アテナに救われたので,これをゼウスがテーバイ王女セメレSemelēに嚥下(えんげ)させ,第2のザグレウスたるディオニュソスが誕生したという。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザグレウス
ざぐれうす
Zagreus

ギリシア神話の神。オルフェウス教でディオニソスと同一視される。ゼウスは蛇に姿を変えてペルセフォネと交わりディオニソスをもうけるが、これに嫉妬(しっと)したヘラは、ティタンをそそのかしてディオニソスを襲わせ、八つ裂きにして食わせてしまう。しかし心臓だけがアテネによって救われたため、ゼウスはティタンを稲妻で焼き殺す一方、この心臓を飲み下し、のちにカドモスの娘セメレを誘惑したおりに、新たにこれをディオニソス・ザグレウスとして誕生させた。ザグレウスとは「引き裂かれたる」という意味で、非ギリシア(おそらくはフリギアかトラキア)系の名前である。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のザグレウスの言及

【ディオニュソス】より

…それはやがて,彼がデルフォイのアポロン神殿において,アポロンが神殿を留守にする冬の間を預かる神としてまつられるに至って,いくぶん鎮静された形で公的宗教の中に受け入れられた。その一方,彼はザグレウスZagreusの名の下にオルフェウス教の大神に,またイアッコスIakchosの名の下にエレウシスの大秘教の主神のひとりとなったため,冥界とのつながりが生じ,ヘレニズム期以降には彼自身の秘教が大流行した。これはかつての集団的狂乱と陶酔の祭儀とは別の,来世での幸福を願うもので,海を渡ったイタリアでも人気を保ちつづけた。…

【オルフェウス教】より

…ゼウスは世界の支配を息子のディオニュソスに委ねようとした。だがティタン神たちが嫉妬して子どものディオニュソスを八つ裂きにして食べた(このディオニュソスをザグレウスともいう。ディオニュソスの神話と祭儀につきものの野獣の八つ裂きと生の肉食とがこの神みずからを対象としてなされたことになる)。…

【ディオニュソス】より

…それはやがて,彼がデルフォイのアポロン神殿において,アポロンが神殿を留守にする冬の間を預かる神としてまつられるに至って,いくぶん鎮静された形で公的宗教の中に受け入れられた。その一方,彼はザグレウスZagreusの名の下にオルフェウス教の大神に,またイアッコスIakchosの名の下にエレウシスの大秘教の主神のひとりとなったため,冥界とのつながりが生じ,ヘレニズム期以降には彼自身の秘教が大流行した。これはかつての集団的狂乱と陶酔の祭儀とは別の,来世での幸福を願うもので,海を渡ったイタリアでも人気を保ちつづけた。…

※「ザグレウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザグレウスの関連キーワードイアッコスサバジオス