コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザロメ Lou Andreas-Salomé

百科事典マイペディアの解説

ザロメ

ロシア人女性。正しくはアンドレアス・ザロメサンクト・ペテルブルクの貴族の家に生まれる。哲学者ニーチェとの交流,詩人リルケとの同棲,精神分析家フロイトのサークルへの参加など,その聡明さと魅力とで多くの知識人をとりこにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザロメ【Lou Andreas‐Salome】

1861‐1937
多くの思想家や文学者たちとの多彩な知的交流と,奔放な恋愛で知られるロシア人女性。正しくはアンドレアス・ザロメ。サンクト・ペテルブルグの貴族の家に生まれる。1880年チューリヒで神学,哲学等の勉強を始めるが,胸を病み,青鞜運動の重要な存在であったマイゼンブーク女史を頼ってローマに移る。女史はワーグナーやニーチェの友人であり,ザロメは彼女を通じて82年ニーチェおよびその友人P.レーとも知り合う。三人には奇妙な三角関係が生じるが,レーと暮らし始めた彼女はニーチェの求愛を退ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のザロメの言及

【ニーチェ】より

…この時期の81年,ニーチェはスイス・アルプスのシルバプラナ湖畔で永劫回帰の覚知に達し,いっさいが〈力への意志〉である以上,宇宙と歴史の変動は永遠に自己回帰を続ける瞬間からなっているとの思想を得ている。
[《ツァラトゥストラ》とそれ以後]
 翌1882年にはザロメとの不幸な恋愛があったが,翌年初頭,ジェノバ郊外のポルトフィノで《ツァラトゥストラ》の着想を抱き,彼の言によれば,“嵐のような”筆の運びでまたたくまに第1部が完成した。この作品は第4部(1885)まで書かれるが,第4部になると出版者がつかず私家版で出さざるをえないほどに世間からは無視されていた。…

【リルケ】より

…早くからブルジョア社会の低俗性に反発,芸術の世界で成功することによりその社会から離脱して生きることを望む。プラハの大学生のころから多量の詩や評論を書き,1897年ミュンヘンに出て積極的に文壇に名を知られるように努めるが,女流作家アンドレアス・ザロメ(ザロメ)と親交を結ぶに及んでむやみな文筆活動を控え,反時代的な精神を糧として独自の詩世界を内に育てることに専念する。2回にわたるアンドレアス・ザロメとのロシア旅行はその原点ともいうべき体験である。…

※「ザロメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザロメの関連キーワードルー アンドレーアス・ザロメサンクト・ペテルブルグアンドレーアス・ザロメニュー・ペインティングアンドレアス=ザロメビクター タウスクニーチェ(年譜)2月12日タウスク

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android