コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェイズの反乱 シェイズのはんらんShays' Rebellion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェイズの反乱
シェイズのはんらん
Shays' Rebellion

アメリカのマサチューセッツ西部地方の農民反乱 (1786~87) 。独立戦争後のアメリカ東部の経済不況のために,マサチューセッツ西部農民は負債と税の滞納に苦しみ,資産を失うものが多かった。彼らの不満は東部商工業者層に向けられ,1786年9月数百人の急進的小農民は,独立戦争当時の士官 D.シェイズに指導されて蜂起し,スプリングフィールドにある裁判所を襲撃,翌年には 1200名の部隊をもってスプリングフィールドの兵器廠の占領をはかったが,政府は特別軍を編制して鎮圧した。この反乱に対応して保守勢力は強力な中央政府組織の必要性を感じ,連邦憲法制定を推進する一因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェイズの反乱
しぇいずのはんらん
Shays' Rebellion

1786~87年に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に起こった農民の反乱。独立戦争後、東部富裕層が指導する「紙幣発行反対、正貨主義、重税」の戦時インフレ収拾策は、とくに州内の中・西部農民を苦境に陥れ、負債や税金の支払い不能による投獄者が続出した。そのため、もと独立軍士官で一地方官吏であるシェイズDaniel Shays(1747―1825)を指導者に、農民たちは負債裁判の改善、減税、紙幣発行を求め、また下落した公債の正貨償還保障に反対して、86年8月州郡裁判所を実力で閉鎖した。反徒は、州最高裁の開催地で連邦兵器廠(しょう)のある州西部のスプリングフィールドの占領を図ったが、富裕者の私財の醵出(きょしゅつ)で急遽(きゅうきょ)派遣された州軍によって翌年2月鎮圧された。反乱の結果、州知事は次回の選挙で敗れ、反徒の主張の一部は立法化されるに至るが、他方、保守派はこれを機に、より強力な集権政府を樹立するため、合衆国憲法制定運動に転じた。[池本幸三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シェイズの反乱の関連キーワードアメリカ独立革命史(年表)総合年表(アメリカ)リンカーン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android