コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェレホフ シェレホフShelekhov(Shelikhov), Grigorii Ivanovich

3件 の用語解説(シェレホフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェレホフ
Shelekhov(Shelikhov), Grigorii Ivanovich

[生]1747
[没]1795.7.31.
ロシアの商人。シベリアの毛皮取引に従事して巨利を得,モスクワからのシベリア移民に財政的援助を与えて政府の植民事業を助ける一方,千島,アラスカを踏査し,アラスカにおける最初の恒久的植民地を建設。その功を認められ貴族に列せられた。

シェレホフ
Shelekhov

別称シェリホフ Shelikhov。ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。州都イルクーツクの南西約 20kmにあり,シベリア横断鉄道が通る。 1956年アルミニウム工場の建設が始るとともにできた新興工業都市。人口約3万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェレホフ
しぇれほふ
Шелехов Shelehov

ロシア連邦中部、イルクーツク州の都市。シェリホフШелихов/Shelihovともいう。イルクーツク市の南西20キロメートルにある。人口5万3600(2003推計)。1962年にアルミニウム精錬工場の建設に伴い設立。18世紀末の北太平洋の航海者で商人のG・I・シェリホフにちなんで命名。石川県能美(のみ)市と姉妹都市。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェレホフの関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑児童文学エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)中止命令と勧告

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェレホフの関連情報