コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギゾウムシ(鴫象虫) シギゾウムシ

世界大百科事典 第2版の解説

シギゾウムシ【シギゾウムシ(鴫象虫)】

甲虫目ゾウムシ科シギゾウムシ属Curculioの昆虫の総称。口吻(こうふん)が鳥のシギのくちばしのように長いのでこの名がある。ドングリ類,ツバキ,エゴなどの実(種子)に口吻で穴を開け,産卵管を挿入して卵を産みつける。幼虫は実の中で成育する。ドングリ類に潜るシギゾウムシは英名でacorn weevilと呼ばれる。日本にはクリシギゾウムシ,コナラシギゾウムシ,ツバキシギゾウムシ,エゴシギゾウムシなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android