コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギゾウムシ(鴫象虫) シギゾウムシ

世界大百科事典 第2版の解説

シギゾウムシ【シギゾウムシ(鴫象虫)】

甲虫目ゾウムシ科シギゾウムシ属Curculioの昆虫の総称。口吻(こうふん)が鳥のシギのくちばしのように長いのでこの名がある。ドングリ類,ツバキ,エゴなどの実(種子)に口吻で穴を開け,産卵管を挿入して卵を産みつける。幼虫は実の中で成育する。ドングリ類に潜るシギゾウムシは英名でacorn weevilと呼ばれる。日本にはクリシギゾウムシ,コナラシギゾウムシ,ツバキシギゾウムシ,エゴシギゾウムシなどを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android