エゴ

精選版 日本国語大辞典「エゴ」の解説

エゴ

(ego 一人称単数の人称代名詞)⸨エゴー⸩
[1]
① 認識、意欲、行動などの主体として、他と区別される自分。自己。自我
※徳川氏時代の平民的理想(1892)〈北村透谷〉三「彼のシバルリイは『我(エゴー)』を重んじて軽々しく死し軽々しく生きず」
フロイトの用語。感覚の刺激や肉体的要求の知覚と、身体運動との間を調節する心理装置。自己保存の役割を果たす。自我。
③ 自分本位の考え方や態度。また、そういう考え方の人。エゴイストエゴイズム。「地域エゴ」 〔モダン用語辞典(1930)〕
メサ使徒(1950)〈武田泰淳〉「気やすさに無作法とエゴをまぜ加へた客たちは」
[2] 〘形動〙 「エゴイスティック」の
※蒲団(1907)〈田山花袋〉六「愛する女を君の為めに山の中に埋もらせるほどエゴーな人間ぢゃありますまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「エゴ」の解説

エゴ(〈ラテン〉・〈英〉ego)

自我
エゴイズム」の略。「エゴをむき出しにする」
エゴイスト」の略。
[類語](1自我個我/(2利己主義エゴイズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「エゴ」の解説

エゴ

自我

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エゴ」の解説

エゴ

自我」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエゴの言及

【自我】より

…だからこそ,その語は,擬人的表現などの場合を除けば,自己意識をもったものにしか使われないのである。 ヨーロッパでも,たとえば現代英語のIは,古くはicであり,ドイツ語のichなどと同族の語であって,ラテン語のエゴegoやギリシア語のegōにさかのぼることができる。ところで,これらの言語では普通,主語の人称は動詞の変化で示されるから,egoやegōという語は,話し手がとくに自分を強調する場合にしか使われなかった。…

※「エゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android