コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツグミ Elaeagnus multiflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツグミ
Elaeagnus multiflora

グミ科の落葉低木または小高木。日本各地の山野に普通に生え,また人家にも植えられる。幹は高さ2~4mになり,枝は若いうちは赤褐色鱗片があり,よく分枝する。葉は互生し,長楕円形で長さ約 5cm,星状毛で密におおわれ,裏面には銀白色の鱗片がある。4~5月,葉腋に淡黄色の長い柄のある筒形の花がつき垂れ下がる。夏に,広楕円形の果実が赤く熟し食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナツグミ

グミ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツグミ
なつぐみ / 夏茱萸
[学]Elaeagnus multiflora Thunb.

グミ科の落葉小高木、まれに大木もある。小枝は赤褐色を帯びる。葉は倒卵状楕円(だえん)形、下面は銀色の鱗状毛(りんじょうもう)に覆われ、褐色の鱗片を散生する。4~5月、葉腋(ようえき)に少数の花が集まって開く。萼(がく)は外面は銀色の鱗状毛に覆われ、筒部は4稜(りょう)を帯びた円筒形で、基部は急に狭まって子房に移る。裂片は大きく、扁卵(へんらん)形で急にとがり、下半部の幅がもっとも広い。果実は長楕円形で大きく、5~6月に赤く熟し、細長い果柄で垂れ下がる。関東地方から静岡県まで分布。変種トウグミは若葉の表面に星状毛があり、果実を食用にするため広く栽培される。野生地は北海道南西部、東北、北陸、愛知県から近畿地方に及ぶ。[籾山泰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナツグミの言及

【グミ】より

…花は5月ころ,葉腋に多数つき,実は秋に熟する。ナツグミE.multiflora Thunb.(英名cherry elaeagnus)は4~5月ころ,花が葉腋に1~数個下垂する。実は5~6月に赤く熟し,長い柄がある。…

※「ナツグミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナツグミの関連キーワードシギゾウムシ田植胡頽子田刈胡頽子マメグミ山胡頽子唐茱萸茱萸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android