コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シケム Shechem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シケム
Shechem

ゲリジム山の東麓にあった古代パレスチナの都市。エルサレムの北方約 50kmに位置する。現ナブルスの東側にあたるテルアルバラタと呼ばれる遺跡丘。 1967年以降イスラエルの占領地。第2次世界大戦後 G.ライトにより発掘された。それによると中期青銅器時代以後巨大な城壁,城門に囲まれた大都市であった。族長時代からのイスラエル人と関係が深く,イスラエル人がエジプトを出てカナンに侵入したのち,モーセの後継者ヨシュアは人々をこの地に集め,宗教連合を形成。以来宗教的に重要な位置を占めた。ソロモンの死後,イスラエル王国の分離独立はシケムを舞台として行われた (列王紀上 12章) 。前 722年にアッシリアによる征服後,衰退し,新入植民と現住民の混血でイスラエルの伝承を引継いだサマリア人がゲリジム山上に聖所を築いた。前5世紀初めに破壊されたが,前4世紀終りに復興されてサマリア人の首都となった。前 128年頃ヨハンネス・ヒュルカノス1世により再び破壊されたが,ローマ人は廃虚の西側に新しい町フラウィア・ネアポリスを建設した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シケム【Shechem】

パレスティナ中部山地にあった古代の町。東方シリア方面への道,西方海岸方面への道,南方エルサレム方面への道の会合する地点に位置して,政治・経済・軍事的に重要であった。今日のナーブルスの東側に位置していた。前2千年紀前半のエジプトの呪詛文書や前14世紀のアマルナ文書にも言及がある。古代イスラエル人の定着時代にはカナン人の町であったが,両者の交流がこの町で行われた。イスラエル12部族の代表者の会議がここで行われたとの伝承がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シケムの関連キーワードカトリャ フルィネヴィチオクシデンタル石油リンゴハマキクロバヨシュア記エフライムアビメレクディナ創世記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android