コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシバナザル snub‐nosed monkey

世界大百科事典 第2版の解説

シシバナザル【snub‐nosed monkey】

霊長目オナガザル科シシバナザル属Rhinopithecusに属する旧世界ザルの総称。鼻がしゃくれ上がってしし鼻のように見えるためにこの名がつけられた。これと似た鼻をもつ別属のメンタウェーシシバナザルSimias concolorをも含めることがある。シシバナザル属は中国西部に生息するチベットシシバナザルR.roxellanaeとベトナム北部に生息するトンキンシシバナザルR.avunculusの2種を含むが,前者をさらに3種に分ける学者もいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシバナザル
ししばなざる / 獅子鼻猿
snub-nosed monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科シシバナザル属に含まれる動物の総称。イボハナザルともいう。この属Rhinopithecusには、中国西部のチベットシシバナザルR. roxellanaeと、ベトナム北部のトンキンシシバナザルR. avunculusの2種がある。前者は顔の周囲と腹部が黄金色の長毛で覆われているのでキンシコウ(金糸猴)ともいわれ、かなりの高冷地にもすむが、後者は低地の多雨林にすむ。ともに体長70センチメートル、尾長80センチメートル。鼻孔が三角形でむしろ上向きに開口し、上顎(じょうがく)口唇に1対のいぼがあり、特異な容貌(ようぼう)をもつ。このしゃくれた鼻が和名の由来である。ドゥクモンキーPygathrix nemaeusと近縁で、同じ属に含まれることもある。スマトラ島の西方ムンタワイ(メンタウェー)諸島Mentawaiによく似た容貌をもつメンタウェーシシバナザルSimias concolorがすんでいるが、これは尾が短く、テングザルNasalis larvatusに近縁である。[川中健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシシバナザルの言及

【サル(猿)】より

…小説《西遊記》に登場するサル孫悟空は,宋代以降にわかに優勢になった猴の代表者であるが,そのイメージには,猿をめぐる伝承も,また遠くインドのハヌマットの要素も,ともに揺曳(ようえい)している。中国の奥地の山中にすむシシバナザル(金糸猴,仰鼻猴)も,その美しい金毛や特異な容貌(青い顔とあおむきの鼻孔)のゆえに多くの伝説をもっているし,野人,野女と呼ばれる猿も,今日まで話題を提供し続けている。【中野 美代子】
[日本の民俗]
 日本の猿は尾が短く体も小さくて猴と書くべき種類に属する。…

※「シシバナザル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シシバナザルの関連キーワードシェンノンチヤ(神農架)林区イボハナザルキンシコウ北京動物園旧世界ザル獅子鼻猿金糸猴

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android