シトロネラ油(読み)シトロネラゆ(英語表記)citronella oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトロネラ Cymbopogon nardus (イネ科) から得られる重要な天然香料の一つ。これ自体でも石鹸香料,防臭用に用いられるが,おもな用途は合成香料の原料であり,シトロネラールおよびゲラニオールなど多種の有用なテルペン類合成に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネ科植物のシトロネラの草の葉を水蒸気蒸留すると収油率0.7%で得られる精油。ジャワ種とセイロン(スリランカ)種がある。精油成分はd-シトロネラール(30~40%)、ゲラニオールとシトロネロール(35~45%)、ピネン、リモネンなどである。主産地は台湾、ジャワ島、グアテマラ、ブラジルなどである。品質の国際規格は総合ゲラニオールtotal geraniol(ゲラニオール、シトロネロール、シトロネラールの合計)85%であり、シトロネラール35%保証である。ゲラニオール、シトロネロール、メントール、ヒドロキシシトロネロールなどの原料およびせっけん香料に用いられる。シトロネラ油は精油のうちではテレビン油、パイン油に次ぐ生産量を示し、香料部門における重要性はきわめて大きい。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

スリランカ,ジャワ,台湾などに産するイネ科のカヤの一種Cymbopogon(またはAndropogon)nardusの全草を水蒸気蒸留すると得られる.淡黄色ないし黄褐色の芳香油.産地により0.885~0.920.1.463~1.494と幅がある.主成分はd-シトロネラール,ゲラニオールd-シトロネロール,酢酸シトロネロール,酢酸ゲラニオールなど.そのまま安価なせっけん用の香料として用いられるほか,シトロネラール,ゲラニオール系香料の製造,メントールの合成原料などに使用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシトロネラ油の言及

【シトロネラソウ】より

…繁殖は株分けによる。葉を水蒸気蒸留してシトロネラ油をとる。精油の成分はd‐シトロネラール(24~34%),ゲラニオール(26~40%)で,ほかにl‐ボルネオールなどを含む。…

【レモングラス】より

…また,葉をスープやカレーの芳香づけにも用いる。本種と同属のコウスイガヤ(別名シトロネラソウ)C.nardus Rendl.(英名citronella)は全体がさらに大型で,ゲラニオールを主成分とするシトロネラ油という精油を含む。近縁属のベチベルとともに重要な香料植物である。…

※「シトロネラ油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android