コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナノキンバイ

百科事典マイペディアの解説

シナノキンバイ

北海道,本州中北部の高山の草原にはえるキンポウゲ科多年草。茎は高さ20〜50cm,掌状に深く裂ける少数の葉をつける。7〜8月,茎の先に黄色で径3〜4cmの花を開く。5〜7枚の花弁状のものは萼片で,花弁は退化し非常に小さい。山地にはえるキンバイソウよりも葉が細かく切れこみ,退化花弁も短い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シナノキンバイ【Trollius riederianus Fisch.et Mey.var.japonicus (Miq.) Ohwi】

やや湿った高山草原に普通にみられるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。全体に無毛で,高さ20~80cm。茎は上部で分枝するか,分枝せず少数の茎葉をつける。根生葉や下部の茎葉は長い柄があり,葉身は5片に深く分裂し,裂片は欠刻し,先がとがる。葉質はやや厚く洋紙質で光沢があり,裏面は淡緑色。上部の茎葉は短い柄があるか,または無柄,小さく,分裂も簡単になる。7~9月に,枝の先に直径3~4cmの花を上向きにつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナノキンバイ
しなのきんばい / 信濃金梅
[学]Trollius riederianus Fisch. et Mey. var. japonicus (Miq.) Ohwi

キンポウゲ科の多年草。茎は高さ20~60センチメートル。葉は3全裂し、裂片には鋭い鋸歯(きょし)がある。7~8月、茎の先に鮮黄色で径約4センチメートルの花を1個ずつ開く。小さな花弁と花弁状の萼片(がくへん)があり、花弁は雄しべより短い。果実は袋果で6~13個ある。代表的な高山植物の一つで、高山帯の湿った草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島に分布する。同属のキンバイソウに似ており、長野県に多いのでこの名がある。北海道、千島、カムチャツカ、オホーツクには、雌しべや萼片の数が多い基本種チシマノキンバイソウが分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android