シナノキンバイ(読み)しなのきんばい

日本大百科全書(ニッポニカ)「シナノキンバイ」の解説

シナノキンバイ
しなのきんばい / 信濃金梅
[学] Trollius riederianus Fisch. et Mey. var. japonicus (Miq.) Ohwi

キンポウゲ科(APG分類:キンポウゲ科)の多年草は高さ20~60センチメートル。葉は3全裂し、裂片には鋭い鋸歯(きょし)がある。7~8月、茎の先に鮮黄色で径約4センチメートルの花を1個ずつ開く。小さな花弁と花弁状の萼片(がくへん)があり、花弁は雄しべより短い。果実は袋果(たいか)で6~13個ある。代表的な高山植物の一つで、高山帯の湿った草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島に分布する。同属のキンバイソウに似ており、長野県に多いのでこの名がある。北海道、千島、カムチャツカ、オホーツクには、雌しべや萼片の数が多い基本種チシマノキンバイソウが分布する。

[門田裕一 2020年3月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「シナノキンバイ」の解説

シナノキンバイ

北海道,本州中北部の高山の草原にはえるキンポウゲ科の多年草。茎は高さ20〜50cm,掌状に深く裂ける少数の葉をつける。7〜8月,茎の先に黄色で径3〜4cmの花を開く。5〜7枚の花弁状のものは萼片で,花弁は退化し非常に小さい。山地にはえるキンバイソウよりも葉が細かく切れこみ,退化花弁も短い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「シナノキンバイ」の解説

シナノキンバイ【Trollius riederianus Fisch.et Mey.var.japonicus (Miq.) Ohwi】

やや湿った高山草原に普通にみられるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。全体に無毛で,高さ20~80cm。茎は上部分枝するか,分せず少数の茎葉をつける。根生葉や下部の茎葉は長い柄があり,葉身は5片に深く分裂し,裂片は刻し,先がとがる。葉質はやや厚く洋紙質で光沢があり,裏面淡緑色。上部の茎葉は短い柄があるか,または無柄,小さく,分裂も簡単になる。7~9月に,枝の先に直径3~4cmの花を上向きにつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android