コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベット civet

翻訳|civet

世界大百科事典 第2版の解説

シベット【civet】

地上生で四肢が比較的長く,吻(ふん)がとがった食肉目ジャコウネコ科ジャコウネコ亜科のうちの2属5種の哺乳類の総称。アフリカと南アジアの森林,草原に分布。体長45~95cm,尾長30~48cm,体重2~20kg,前・後足とも5指で,つめは半ば引き込めうる。胴には黄褐色の地に黒色の縞か斑点があり,首の下面を横切る顕著な黒帯と白帯がある。背筋に,逆立てることができる〈たてがみ〉状の長毛を備えたジャコウネコ属ViverraのアフリカジャコウネコV.civetta(サハラ以南のアフリカ),インドジャコウネコV.zibetha(イラスト)(ネパールから中国南部・マラヤまで),マレージャコウネコ(ジャワジャコウネコ)V.tangalunga(マラヤ,スマトラ,ボルネオ,フィリピン)などと,そのような〈たてがみ〉のないヒメジャコウネコ(コジャコウネコ)Viverricula indica(イラスト)(インド・スリランカから中国南部まで,台湾からスマトラまで分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシベットの言及

【麝香腺】より

…なお包皮腺の相同器官である雌の陰核腺は分泌物が麝香として利用されていないので麝香腺とは呼ばれていない。ジャコウネコにも,強い臭気を発する液すなわち麝猫香(じやびようこう)civetを分泌する腺が雌雄ともにあり,麝香腺とも呼ばれる。麝香の名のつく哺乳類には他にジャコウネズミとジャコウウシがあり,これらも臭気を発する腺をもっているが,麝香腺とは呼ばれていない。…

【霊猫香】より

…主要な動物性香料の一つ。シベットcivetともいう。アジア(ミャンマー,スマトラ,スラウェシ,ジャワ,ボルネオ,フィリピン,台湾)またはアフリカ(エチオピア,セネガル,ギニア,アビシニア)地方に生息するジャコウネコ(霊猫)科のシベットの性器の近くにある香囊に生じる分泌物。…

【香水】より

…またイギリスやフランスでは,公衆浴場は男女混浴だったため風紀を乱すということで16世紀末に廃止され,そのため入浴の習慣がなくなり香料の使用が盛んになったともいわれている。同じころ,ローマの貴族フランギパニはイリス根(ショウブの根)の粉と麝香(じやこう)とシベット(ジャコウネコの分泌物)を混ぜた香粉を創製したが,17世紀の初めに末孫のメルキュティオ・フランギパニは香粉にアルコールを混ぜて加熱し,香気成分を溶出することに成功した。これが香水の初めであるといわれている。…

【香料】より


[天然香料]
 天然物を原料とするもので,動物性香料と植物性香料に分けられる。動物性香料は動物の生殖腺分泌物などから溶剤によって抽出された体内生成物で,麝香(じやこう)(ムスク),霊猫香(れいびようこう)(シベット),海狸香(かいりこう)(カストル),竜涎香(りゆうぜんこう)(アンバーグリス)などがあり,その種類や生産量はきわめて少ない。いずれも高価で,高級香水の成分として用いられる。…

【霊猫香】より

…主要な動物性香料の一つ。シベットcivetともいう。アジア(ミャンマー,スマトラ,スラウェシ,ジャワ,ボルネオ,フィリピン,台湾)またはアフリカ(エチオピア,セネガル,ギニア,アビシニア)地方に生息するジャコウネコ(霊猫)科のシベットの性器の近くにある香囊に生じる分泌物。…

※「シベット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シベットの関連キーワードViverricula indicaマレーパームシベットマレージャコウネコジャワジャコウネコアンブレットムスクパームシベットヘミガルスシベトンマラヤ霊猫香香水香料

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シベットの関連情報