コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シホテアリン山脈 シホテアリンさんみゃくkhrebet Sikhote-Alin'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シホテアリン山脈
シホテアリンさんみゃく
khrebet Sikhote-Alin'

ロシア南東部,日本海とタタール海峡に面して延びる山脈。ハバロフスク,プリモルスキー両地方にまたがり,アムール川下流域の平野から南西へ,ウラジオストク付近まで約 1200kmにわたって続く。幅は 200~250km。平均標高 800~1000mで,最高峰はトルドキヤニ山 (2077m) 。おもにアムール=ウスリー水系に属する河川によって分断された中山性山地で,西側斜面は両河川の沿岸平野に向かってゆるやかに傾斜する。高い山頂付近は裸地であるが,斜面の大部分はマツ,カラマツ,モミ,カバなどの森林で覆われている。豊かな温帯林が広がり,希少種であるチョウセントラ (シベリアトラ) などが生息する山脈中央部は,2001年世界遺産の自然遺産に登録された。鉱物資源に恵まれ,南端部のパルチザンスクアルチョームで石炭,褐炭が,南東部のダリネゴルスクで鉛,スズ,亜鉛が,中南部で金が採掘される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シホテアリン‐さんみゃく【シホテアリン山脈】

Sixhote Alin'Сихотэ Алинь》⇒シホテアリニ山脈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シホテアリン山脈の関連キーワードシホテアリン自然保護区プリモルスキー地方ハバロフスク地方ライチョウウスリー川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android