コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマイサキ(縞伊佐木) シマイサキTerapon oxyrhynchus

世界大百科事典 第2版の解説

シマイサキ【シマイサキ(縞伊佐木) Terapon oxyrhynchus】

スズキ目シマイサキ科の海産魚(イラスト)。別名シマイサギ。西部太平洋からインド洋に広く分布している。日本では本州中部以南に多いが,東北にも分布している。体型がイサキに似ているなじみぶかい魚で,地方名も多い。体に数本の縦縞があるため浜名湖シマイオ,石川県でシマダイ,大阪府でスミナガシと呼ばれる。また,シマイサキ科のコトヒキなどの他種と同様,うきぶくろを振動させグーグーと音を出すが,このため丹後地方ウタウタイ,大阪府堺でフエフキ,和歌山県ホラフキなどと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android