コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマイサキ(縞伊佐木) シマイサキ Terapon oxyrhynchus

1件 の用語解説(シマイサキ(縞伊佐木)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シマイサキ【シマイサキ(縞伊佐木) Terapon oxyrhynchus】

スズキ目シマイサキ科の海産魚(イラスト)。別名シマイサギ。西部太平洋からインド洋に広く分布している。日本では本州中部以南に多いが,東北にも分布している。体型がイサキに似ているなじみぶかい魚で,地方名も多い。体に数本の縦縞があるため浜名湖シマイオ,石川県でシマダイ,大阪府でスミナガシ呼ばれる。また,シマイサキ科のコトヒキなどの他種と同様,うきぶくろを振動させグーグーと音を出すが,このため丹後地方ウタウタイ,大阪府堺でフエフキ,和歌山県ホラフキなどと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シマイサキ(縞伊佐木)の関連キーワードシロギスブリマダイアオギス縞伊佐木アサヒダイオオニベキグチシロカワカジキマカジキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone