コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトヒキ コトヒキ Terapon jarbua

2件 の用語解説(コトヒキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトヒキ
コトヒキ
Terapon jarbua

スズキ目シマイサキ科。ヤガタイサキともいう。全長 30cmになる。体は長楕円形で,側扁する。背鰭の棘条部と軟条部の境界は深く切込む。体側には腹方に曲る3本の暗色縦帯,背鰭の前部には大きい暗色斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトヒキ
ことひき / 琴引
[学]Terapon jarbua

硬骨魚綱スズキ目シマイサキ科に属する海水魚。関東地方以南、南西諸島南シナ海、台湾、東南アジアに分布する。体は細長い楕円(だえん)形で、わずかに側扁(そくへん)する。主鰓蓋(さいがい)骨の後縁には1本の強い棘(きょく)がある。上下両顎(りょうがく)側部には犬歯はなく絨毛(じゅうもう)状歯が並ぶ。全長約30センチメートル。体は淡黄褐色を帯びた灰青色で、腹部は銀白色である。体側上半部には腹方に湾曲する弓形の3条の灰黒色縦帯と、尾びれには5条の縦帯のあるのが特徴。この斑紋(はんもん)からヤガタイサギ(またはヤカタイサキ)ともよばれる。近海性の浅海魚で河口域や内湾に好んですむ。うきぶくろの伸縮によりグウグウと音を出すが、コトヒキの名はこれに由来する。定置網、一本釣りなどで漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけなど家庭料理に珍重される。近縁種にヒメコトヒキT. therapsがある。この魚は、全長20センチメートルの小形種で、体側に3~4条のまっすぐな縦線があり、コトヒキより南日本に多く産する。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コトヒキの関連キーワードシマイサキ琴引縞伊佐木矢形伊佐木伊佐木イサキ(伊佐木)コトヒキ(琴引)シマイサキ(縞伊佐木)シマダイ(シマイサキ)ヤガタイサキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトヒキの関連情報