コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミナガシ スミナガシ Dichorragia nesimachus

4件 の用語解説(スミナガシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミナガシ
スミナガシ
Dichorragia nesimachus

鱗翅目タテハチョウ科。前翅長 32mm内外。翅表は暗緑色を帯びた薄墨色で,緑青色の光沢をもち,細かい白色斑がある。雌は雄に比べ翅に丸みがあるが斑紋は同じ。春型は夏型より小型で,前翅表外縁に並ぶ白色V字斑は二重 (夏型では一重) になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スミナガシ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張65mm内外,黒褐色,青銅色または青緑色の光沢があり,白斑がある。北海道を除く日本,朝鮮,中国,台湾〜インドに広く分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スミナガシ【Dichorragia nesimachus】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。開張は5.5~6.5cm。春型より夏型,雄より雌が大きいが,斑紋の差はほとんどない。熱帯を含む東アジアの特産。日本では暖地の低山帯に多く,北海道には産しないが食樹さえあれば本州の高地,北地にも分布する。その黒い翅が墨流しを連想させるところからこの和名がついた。雄の成虫は敏しょうに飛び,占有性を示し,雌も樹液,腐熟果にくるなど一般のタテハ類と変わらないが,口吻(こうふん)は紅色で他に類例がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミナガシ
すみながし / 墨流蝶
constable
[学]Dichorragia nesimachus

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では本州北部より南西諸島の八重山(やえやま)地方にまで分布するが、いずれの地方でも少なく、とくに東北地方北部ではまれとなる。国外では朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ地方、マレー諸島などに分布が広い。はねの開張65ミリメートル内外。和名は「墨流し」(昔の宮中などで行われた遊びの一種で、流水中に墨を流してその模様の変化を見て楽しむ)を思い起こさせるはねの模様に基づく。日本および近隣地域にはほかに本種に似たチョウはいない。普通1年に2回(5~6月、7~8月)発生し、樹液に飛来するが花にはこない。幼虫の食草はアワブキ、ヤマビワ、ミヤマホウソ、リュウキュウアワブキ、ヤンバルアワブキなどのアワブキ科植物。蛹(さなぎ)の状態で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミナガシの関連キーワードキタテハルリタテハ孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶豹紋蝶小緋威蛺蝶キベリタテハサカハチチョウ(逆八蝶)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スミナガシの関連情報