シマメノウフネガイ(英語表記)Crepidula onyx; onyx slipper shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマメノウフネガイ
Crepidula onyx; onyx slipper shell

軟体動物門腹足綱カリバガサガイ科。殻長径 3.5cm,殻短径 2.5cm,殻高 1cm。付着生活のため殻の形は一定しないが,ほぼ楕円形笠形で,殻頂は後方に寄る。殻表は濃褐色,内面の隔板は白色。北アメリカ西岸が原産地。日本では 1968年に東京湾で発見され,その後分布を広げ,現在では北海道南西部から九州にまで及んでいる。サザエアワビなどの巻貝類の殻上に着生してそれらの排泄物などを食べている。雄性先熟性転換をする。大型の個体の上に何個体も積重なって背負われていることもあるが,この場合一番下の大型個体が雌,一番上の個体が雄で,間はやや中間的な性を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android