コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリフディン

2件 の用語解説(シャリフディンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャリフディン

インドネシア共和国の政治家。弁護士として活動するかたわら反ファシズム運動に参加,日本軍政中逮捕され死刑判決を受けるが,スカルノらの嘆願で刑を免れる。独立後,同じく対日非協力者として声望を集めたシャフリルとともに政府の要職につき,情報相,国防相,首相として,オランダとの協調路線を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャリフディン【Amir Sjarifuddin】

1907‐48
インドネシア共和国の政治家。スマトラメダンに生まれ,1933年にジャカルタの法学校を卒業,弁護士を開業するかたわら,反ファシズム運動に投じた。日本軍政中に逮捕され死刑の求刑を受けたが,スカルノらの助命で危うく一命をつなぎとめた。独立後,対日非協力者のチャンピオンとして,シャフリルとともに政界で頭角を現し,情報相(1945年8月~11月),国防相(1945年11月~48年1月),首相(1947年7月~48年1月)の要職を占め,オランダとの協調路線を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone