コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリフディン

2件 の用語解説(シャリフディンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャリフディン

インドネシア共和国の政治家。弁護士として活動するかたわら反ファシズム運動に参加,日本軍政中逮捕され死刑判決を受けるが,スカルノらの嘆願で刑を免れる。独立後,同じく対日非協力者として声望を集めたシャフリルとともに政府の要職につき,情報相,国防相,首相として,オランダとの協調路線を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャリフディン【Amir Sjarifuddin】

1907‐48
インドネシア共和国の政治家。スマトラメダンに生まれ,1933年にジャカルタの法学校を卒業,弁護士を開業するかたわら,反ファシズム運動に投じた。日本軍政中に逮捕され死刑の求刑を受けたが,スカルノらの助命で危うく一命をつなぎとめた。独立後,対日非協力者のチャンピオンとして,シャフリルとともに政界で頭角を現し,情報相(1945年8月~11月),国防相(1945年11月~48年1月),首相(1947年7月~48年1月)の要職を占め,オランダとの協調路線を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャリフディンの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派オランダ領東インドマレー語東ティモールバタビアGOLKAR爪哇インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone