コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルジャ シャルジャSharjah

3件 の用語解説(シャルジャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルジャ
シャルジャ
Sharjah

アラビア語ではシャーリカ ash-Shāriqah (東方の意) 。アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つ。内陸の国境ははっきりしないが,ペルシア湾岸からオマーン半島中央内陸部にかけて広がり,オマーン湾岸に3ヵ所の飛び地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャルジャ【al‐Sharja】

アラビア半島東部,ペルシア湾に面するアラブ首長国連邦の構成国。シャールジャ,シャーリカとも表記する。同名の港が中心都市。面積2600km2,人口40万(1996)で,ともに連邦第3位。オマーン湾側に飛地が3ヵ所ある。ラス・アルハイマアラビア語で〈天幕の頂〉を意味する。これは,水夫たちの目じるしとなったといわれるテントの柱頭の明りに関する伝説に由来している。カワーシム(ジョワーシム)族の支配のもと,古くから湾岸の中心的な商業港となり,ペルシア,パキスタンインドアフリカからの船が集まり,真珠採取の基地としても漁港としても活気を呈していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャルジャの関連キーワードWHITEASH加藤トシ子サヴァンナダニエルス航空路火山灰情報コームッシュアーファのカタコンブ灰の水曜日ホッパーヤチダモカーリキュー熱雲

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャルジャの関連情報