コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャント術 シャントじゅつ

2件 の用語解説(シャント術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャント術【シャントじゅつ】

血管や体液の循環に異常をきたした結果起こるさまざまな症状を軽減するために,人工的に経路をつくる手術。閉塞血管に対するものはバイパス術による。主に先天性心臓病によるチアノーゼや,水頭症の髄液貯留による脳圧亢進などの際,行われる
→関連項目胎児治療

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャント‐じゅつ【シャント術】

病気を治療するために、動脈と静脈をつないだり、脳脊髄液などの体液を流すためのチューブを設置したりすること。血液透析のための内シャント造設術、水頭症に対する髄液シャント術胎児胸水に対する胸腔・羊水腔シャント術などがある。シャント手術

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャント術の関連情報