コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャント術 シャントじゅつ

百科事典マイペディアの解説

シャント術【シャントじゅつ】

血管や体液の循環に異常をきたした結果起こるさまざまな症状を軽減するために,人工的に経路をつくる手術。閉塞血管に対するものはバイパス術による。主に先天性心臓病によるチアノーゼや,水頭症の髄液貯留による脳圧亢進などの際,行われる。
→関連項目胎児治療

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

シャント術の関連キーワード腰部蜘蛛膜下腔腹腔シャント術腰椎蜘蛛膜下腔腹腔シャント術ダンディー・ウォーカー症候群腰部蜘蛛膜下腔腹腔短絡術腰椎蜘蛛膜下腔腹腔短絡術特発性正常圧水頭症脳室腹腔シャント術LPシャント術VPシャント術脳室腹腔短絡術正常圧水頭症シャント胸腔

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android