コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児治療 たいじちりょう

4件 の用語解説(胎児治療の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児治療
たいじちりょう

放置すれば死産したり,生後間もなく死んでしまう重い病気を,胎児のうちに治そうという治療法。母体外から子宮内に器具や注射針を入れて手術をしたり,薬物投与や輸血を行う胎内治療と,胎児を一時的に母体外に取出し,本格的な手術をして再び戻す母体外治療がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいじ‐ちりょう〔‐チレウ〕【胎児治療】

子宮内の胎児に対して行う治療。母体を介した内科的治療と、外科的操作を加えるものとがある。放置すると胎児が死亡するおそれがあるときや、生後の治療では助けることが困難な病気の場合に行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胎児治療【たいじちりょう】

生まれてからの治療では手遅れになる恐れのある病気の胎児を,妊婦の子宮にいる状態のまま直接治療し,救命するための治療。米国で積極的に行われ,とくにカリフォルニア大学サンフランシスコ校がもっとも進んでいるといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎児治療
たいじちりょう

胎児期でわかった障害や病気を出産前に治療すること。1960年代から欧米では貧血胎児への輸血や、母親に酸素や薬を与えて胎盤からの血液を通じて胎児に送る間接的な治療も行われた。胎児への外科治療が行われるようになったのは1980年代からで、1981年にアメリカで水頭症の胎児の頭に母体から針を刺して髄液を抜くのに成功している。以来、血液交換や尿路閉塞(へいそく)、心臓弁膜症、横隔膜ヘルニアの手術などが行われている。日本では、1983年(昭和58)九州大学が非免疫性胎児水腫(すいしゅ)患者から注射で液を抜いた手術が最初で、1990年(平成2)には国立循環器病センターで尿路閉塞の胎児を体外に出して人工尿路をつくり、ふたたび子宮に戻して出産させるのに成功した。これらの治療が可能になった背景には、超音波診断や血液分析で早く診断がつくようになったことがあげられる。現在までのところ、いずれも比較的単純な病気に限られてはいるが、日本では胎児治療が必要な新生児は年間6000人ともいわれている。しかし、実際に行われているのは、おもに双子の胎児の血管が胎盤の中でつながっている双胎間輸血症候群(TTTS)などの場合で、年間百数十件にとどまっている。[田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎児治療の関連キーワード窮すれば通ず然もなくば死に絶える褥婦誕生死貧すれば鈍する間も無く夢死死んでも治らない小倉 朗

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胎児治療の関連情報