コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児治療 たいじちりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児治療
たいじちりょう

放置すれば死産したり,生後間もなく死んでしまう重い病気を,胎児のうちに治そうという治療法。母体外から子宮内に器具や注射針を入れて手術をしたり,薬物投与や輸血を行う胎内治療と,胎児を一時的に母体外に取出し,本格的な手術をして再び戻す母体外治療がある。胎児治療の適応となるのは,胎児の体内に水がたまる胎児水腫や尿路閉塞,横隔膜ヘルニアなどの病気を中心に,年間数千人とみられている。超音波診断や羊水,胎児血液の診断技術の発達によって可能になった技術だが,母体や胎児に与える影響については未解明である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいじ‐ちりょう〔‐チレウ〕【胎児治療】

子宮内の胎児に対して行う治療。母体を介した内科的治療と、外科的操作を加えるものとがある。放置すると胎児が死亡するおそれがあるときや、生後の治療では助けることが困難な病気の場合に行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胎児治療【たいじちりょう】

生まれてからの治療では手遅れになる恐れのある病気の胎児を,妊婦の子宮にいる状態のまま直接治療し,救命するための治療。米国で積極的に行われ,とくにカリフォルニア大学サンフランシスコ校がもっとも進んでいるといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎児治療
たいじちりょう

胎児期でわかった障害や病気を出産前に治療すること。1960年代から欧米では貧血胎児への輸血や、母親に酸素や薬を与えて胎盤からの血液を通じて胎児に送る間接的な治療も行われた。胎児への外科治療が行われるようになったのは1980年代からで、1981年にアメリカで水頭症の胎児の頭に母体から針を刺して髄液を抜くのに成功している。以来、血液交換や尿路閉塞(へいそく)、心臓弁膜症、横隔膜ヘルニアの手術などが行われている。日本では、1983年(昭和58)九州大学が非免疫性胎児水腫(すいしゅ)患者から注射で液を抜いた手術が最初で、1990年(平成2)には国立循環器病センターで尿路閉塞の胎児を体外に出して人工尿路をつくり、ふたたび子宮に戻して出産させるのに成功した。これらの治療が可能になった背景には、超音波診断や血液分析で早く診断がつくようになったことがあげられる。現在までのところ、いずれも比較的単純な病気に限られてはいるが、日本では胎児治療が必要な新生児は年間6000人ともいわれている。しかし、実際に行われているのは、おもに双子の胎児の血管が胎盤の中でつながっている双胎間輸血症候群(TTTS)などの場合で、年間百数十件にとどまっている。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胎児治療の関連キーワード出生前診断シャント術アルブミン出生前治療断層撮影

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胎児治療の関連情報