コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンボニエール シャンボニエールChambonnières, Jacques Champion de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンボニエール
Chambonnières, Jacques Champion de

[生]1602頃
[没]1672頃.パリ
フランスのクラブサン奏者,作曲家。ルイ 13世と 14世のフランス宮廷に仕えた。 1670年に出版されたクラブサン曲集 (2巻) は,リュートの技法を取入れた自由な組曲形式によっている。当時の若い作曲家たちに与えた影響は大きく,弟子のなかにはダングルベールやルイ・クープランらのすぐれた音楽家が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャンボニエール【Jacques Champion de Chambonnières】

1601か02‐72
フランスのクラブサン奏者,作曲家。ルイ13世ならびにルイ14世の宮廷で,国王の室内音楽隊スピネット奏者を務めた。1641年ころからは,〈愛好者の集い〉と銘打った私的演奏会をも主催,当代随一のクラブサン奏者とうたわれた。彼は,17世紀前半にその全盛期に達したフランス・リュート音楽の語法と様式を適用したクラブサン用の組曲を作曲,さらにL.クープランやダングルベールJean Henri d’Anglebert(1628‐91)らの優れた弟子を育て,クラブサン楽派の伝統を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンボニエール
しゃんぼにえーる
Jacques Champion de Chambonnires
(1601/1610―1672)

フランスのチェンバロ奏者、作曲家。父ジャックに学び、1638年以降王室スピネット奏者を務め、王室礼拝堂のオルガンも演奏した。演奏家として名声を博す一方、リュート音楽のスタイルをチェンバロに転用し、フランス特有のチェンバロ音楽の様式の基礎を固めた。またクープラン三兄弟の才能をみいだし、ルベーグ、ダングルベールなど次世代のフランス・チェンバロ音楽の担い手を育成した。62年ダングルベールに王室奏者の地位を譲り引退、パリに没した。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシャンボニエールの言及

【装飾音】より

…それらはとくにフランスの鍵盤音楽で盛んに用いられ,それらを表示する記号も考え出された。当時の鍵盤音楽の大家,ダングルベールJean Henri d’Anglebert(1628‐91),シャンボニエールらは,装飾音記号とその奏法を記した装飾音表を今日に伝えている。このフランス式装飾音アグレマンagrémentsはバロック音楽一般に普及し,J.S.バッハの《平均律クラビーア曲集》の冒頭に掲げた有名な装飾音表にも強い影響を与えている。…

※「シャンボニエール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャンボニエールの関連キーワード本願寺オランダ戦争龍野城狩野探幽岡山藩本願寺伝通院伝通院ホルイギリス音楽

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone