コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテルマー シュテルマー Störmer, Horst L.

2件 の用語解説(シュテルマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテルマー
シュテルマー
Störmer, Horst L.

[生]1949.4.6. フランクフルト
ドイツ物理学者。 1977年シュツットガルト大学より博士号を取得。 92~97年アメリカベル研究所物理学研究部長,98年よりコロンビア大学教授。 K.クリッツィングが 1980年代に大きく発展させた量子ホール効果について D.C.ツイとともに実験を重ね,82年,低温・強磁場においてはクリッツィングが発見した段階以上のホール抵抗が存在することを確認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュテルマー
しゅてるまー
Horst L. Strmer
(1949― )

ドイツの実験物理学者。フランクフルト生まれ。ゲーテ大学を卒業後、ドイツのマックス・プランク研究所がフランス国立科学研究センターと共同で運営する、グルノーブルの強磁場研究所で研究を開始。1977年にシュトゥットガルト大学の博士号を取得し、同年アメリカのベル研究所に就職。すでにベル研究所で名声をはせていたD・ツイとともに、1982年に「分数量子ホール効果」という現象を実験で発見した。半導体絶対零度(-273.15℃)近くに冷やし強い磁場をかけると、電流の流れと直角の方向に特殊な抵抗が生まれる。この抵抗値はとびとびの値になり、「整数量子ホール効果」とよばれる。この現象を1980年に発見したK・クリッツィングは1985年にノーベル物理学賞を受賞している。しかしツイとの実験では、クリッツィングがみつけたとびとびの値以外にも抵抗が現れることを示した。1991年、ベル研究所の物理学研究所の所長。1998年にコロンビア大学教授となる。分数量子ホール効果を共同で発見したツイ、この現象を理論的に解明したR・ラフリンとともに、1998年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュテルマーの関連キーワードフランクフルトフランクフルトソーセージフランクフルト大聖堂フランクフルト証券取引所フランクフルト歌劇場管弦楽団フランクフルトへの乗客フランクフルト放送交響楽団フランクフルトマラソンフランクフルト・ムゼウム管弦楽団フランクフルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone