コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュバシコウ シュバシコウCiconia ciconia; white stork

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュバシコウ
Ciconia ciconia; white stork

コウノトリ目コウノトリ科。アカハシコウともいう。全長 100~115cm。かつては東アジアに生息するコウノトリ亜種とされていたが,今日では別種に分類されている。コウノトリとは,が赤いこと(日本産では黒色)と小型であることなどで区別される。ヨーロッパアフリカ北部で繁殖し,アフリカ中・南部,インドなどで越冬する。ヨーロッパやエジプトなどの文化に影響を与えているコウノトリはシュバシコウである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュバシコウ
しゅばしこう / 朱嘴鸛
white stork
[学]Ciconia ciconia ciconia

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の鳥。アカハシコウともいう。コウノトリCiconia ciconiaのヨーロッパで繁殖する亜種で、アジア東部に分布する亜種のコウノトリC. c. boycianaとは、嘴(くちばし)が赤い(東アジアのコウノトリでは黒い)ことと、小形であることで区別される。ヨーロッパと北アフリカで繁殖し、冬はアフリカ中南部で越冬する。全長約1メートル。沼沢の多い平地や農耕地にすみ、一般習性はコウノトリと同じであるが、好んで人家の屋上や煙突の上に営巣する。このため、中部ヨーロッパでは非常によく親しまれている鳥の一つである。しかし、生息地の工業化に伴い、個体数が急激に少なくなっている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュバシコウの言及

【コウノトリ(鸛)】より

…世界に3亜種があり,日本,朝鮮半島,中国東北部,沿海州に分布するコウノトリC.b.boycianaは大型でくちばしが黒色である。ヨーロッパと北アフリカで繁殖するものは小型でくちばしが赤く,シュバシコウ(朱嘴鸛)C.b.ciconiaと呼ばれる。中央アジアのものはシュバシコウより大型で,くちばしが赤く,オオシュバシコウC.b.asiaticaという。…

※「シュバシコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュバシコウの関連キーワードコウノトリ(鸛)朱嘴鸛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュバシコウの関連情報