コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュバシコウ シュバシコウ Ciconia ciconia; white stork

2件 の用語解説(シュバシコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュバシコウ
シュバシコウ
Ciconia ciconia; white stork

コウノトリ目コウノトリ科アカハシコウともいう。全長 100~115cm。かつては東アジアに生息するコウノトリ亜種とされていたが,今日では別種に分類されている。コウノトリとは,が赤いこと(日本産では黒色)と小型であることなどで区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュバシコウ
しゅばしこう / 朱嘴鸛
white stork
[学]Ciconia ciconia ciconia

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の鳥。アカハシコウともいう。コウノトリCiconia ciconiaのヨーロッパで繁殖する亜種で、アジア東部に分布する亜種のコウノトリC. c. boycianaとは、嘴(くちばし)が赤い(東アジアのコウノトリでは黒い)ことと、小形であることで区別される。ヨーロッパと北アフリカで繁殖し、冬はアフリカ中南部で越冬する。全長約1メートル。沼沢の多い平地や農耕地にすみ、一般習性はコウノトリと同じであるが、好んで人家の屋上や煙突の上に営巣する。このため、中部ヨーロッパでは非常によく親しまれている鳥の一つである。しかし、生息地の工業化に伴い、個体数が急激に少なくなっている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュバシコウの言及

【コウノトリ(鸛)】より

…世界に3亜種があり,日本,朝鮮半島,中国東北部,沿海州に分布するコウノトリC.b.boycianaは大型でくちばしが黒色である。ヨーロッパと北アフリカで繁殖するものは小型でくちばしが赤く,シュバシコウ(朱嘴鸛)C.b.ciconiaと呼ばれる。中央アジアのものはシュバシコウより大型で,くちばしが赤く,オオシュバシコウC.b.asiaticaという。…

※「シュバシコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュバシコウの関連キーワード朱嘴鸛こうのとり嘴広鸛コウノトリ但馬空港こうのとり、たちずさんでコウノトリの野生復帰コウノトリ(鸛)ハゲコウ(禿鸛)コウノトリ科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュバシコウの関連情報