コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラーゲター シュラーゲター Schlageter, Albert Leo

2件 の用語解説(シュラーゲターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュラーゲター
シュラーゲター
Schlageter, Albert Leo

[生]1894.8.12. シェーナウ
[没]1923.5.26. ゴルツハイマーハイデ
ドイツの軍人。富農の家に生れ,第1次世界大戦に志願兵として参加。右翼的ナショナリストとして,ワイマール共和国初期の社会主義的暴動の鎮圧に活躍。 22年ナチスに入党,23年賠償不履行の対抗措置としてフランスルール地方軍事占領した際,これに対する抵抗運動を指導したため,軍事裁判で死刑に処せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュラーゲター
しゅらーげたー
Albert Leo Schlageter
(1894―1923)

ドイツの軍人、義勇軍戦士。第一次世界大戦に志願し、少尉となる。戦後、反共的な義勇軍Freikorpsに入り、バルト地方で活躍し、1920年にはルール地方で共産党蜂起(ほうき)の弾圧に参加した。1923年1月、賠償の遅延を口実にフランス軍がルール地方を占領すると、ドイツ政府の「受け身の抵抗」を積極的抵抗に転換させるため、鉄道を爆破し、フランス軍に逮捕され、5月軍事法廷で死刑となり、銃殺された。このためドイツの右翼の英雄となるが、コミンテルンのラデックも一定の評価を示し論議をよんだ。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュラーゲターの関連キーワードシェールアイシェードシェークハンドシェーパー謝謝シェープシェーレンシェーキーズマルシェーシェーナ・ペル・アンゴロ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone