コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショナ

2件 の用語解説(ショナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショナ

ジンバブエモザンビークに居住しバントゥー諸語に属す言語を使用する人びと。9世紀ごろこの地域に移住・定着した。農耕,牧畜,狩猟,漁労による生産様式を確立するとともに,東アフリカ沿岸地域のアラブ人との交易にも従事していた。
→関連項目チムレンガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショナ
しょな
Shona

アフリカ南部のジンバブエのほぼ東半分、およびその周辺に住むバントゥー系の集団。かつて、金、象牙(ぞうげ)、鉄、塩などの交易を基盤としていくつかの王国を形成して栄えたが、ンデベレ人やヨーロッパ人の侵入によって衰えた。おもな部族として、ゼズル、カランガ、マニカ、トンガ・コレコレ、ンダウがある。基本的には農耕民であり、トウモロコシ、豆類、その他の雑穀を栽培する。家畜としてウシを飼う。ウシは単に乳を食料とするだけでなく、富として、結婚の際の婚資として、もっとも重要な財産である。出自は、一部に母系もあるが、大部分は父系である。
 集落はたいてい一つの父系血縁集団によって構成される。近代農法が普及する以前は、周囲の地味(ちみ)が衰えると移動した。創造至高神、祖霊に対する信仰をもち、これらに雨乞(あまご)いなどのさまざまな儀礼を行う。1880年にイギリス南アフリカ会社が入って以後、長い間ヨーロッパ人の支配下にあり、その間、農民は土地を奪われたり、低賃金労働者として鉱山や農場で働かされ、ショナ人の伝統的文化と社会の多くが変化した。1980年の独立後はジンバブエの多数派を占めている。現人口約738万5000(1992)。[板橋作美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショナの関連キーワードザンベジ川フォンビージンモザンビークモザンビーク海峡モザンビーク海流モザンビーク島サブウエー大ジンバブエ国立記念物ハラーレムビラ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショナの関連情報