コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリス syllis

世界大百科事典 第2版の解説

シリス【syllis】

多毛綱シリス科Syllidaeに属する環形動物の総称。日本では84種が知られている。多毛類の中でも小型で,とくに有用種は見当たらないが,付着生物のコケムシハイドロゾア,ホヤなどの群落中や海底の泥中にかなりの個体数がすんでいるので,自然界では食物連鎖上,重要な位置を占めるものと考えられる。 体長は小型の種類では2~3mm,大型な種類で60mmになる。体は大部分が背腹にやや扁平な円筒状であるが,なかには板状に扁平なものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリス
しりす

環形動物門多毛綱シリス科Syllidaeに属する海産動物の総称。海底の砂泥中、海藻の根部の間、各種の付着動物、あるいはカイメンの体の中などで生活している。一般に小形で、体長1~2センチメートル、体幅1ミリメートルほどのものが多いが、エキオゴニナ亜科Exogoninaeの種類では体長2~3ミリメートル、体幅0.4~0.5ミリメートルで、腹面に多くの卵をつけて保育するものもいる。日本には20属、77種と7亜種が明らかにされている。
 体は円筒状か扁平(へんぺい)で、24~180剛毛節からなる。前口葉は一般に球形、半球形または四角形で、4個の目と3本の前感触手がある。消化管の前端の形態は属によって異なり、アウトリタス属Autolytusではキチン質の歯が規則的または不規則に環状に配列していて、種の系統的特徴を示している。各体節の両側にいぼ足があり、1本の背触糸をもつ。生殖法には有性生殖と無性生殖とがある。有性生殖では生殖時期になると、雌雄の個体の外形が著しく変化し、夜間に多数の個体が生殖群泳を行って、放卵、放精する。無性生殖にはいろいろな方法がみられる。親の体上の1体節が頭部に変形し、その後ろの部分とともに親から離れて1個体になる。また、親の体の後部から多くの芽が生じ、それぞれに幼虫になって房のようになり、ある程度大きくなって親から離れる。また、極端な場合ではカラクサシリスのように、親の体から出芽した幼虫が親から離れずに成長するので、体が網のようになっている。
 個体数が多いので、自然界では食物連鎖上、食われるものとして、重要な位置を占めているものと考えられる。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シリスの関連キーワードジャネット・エレン モリスウミウチワ(海産動物)ヤシリス(椰子栗鼠)ストリンゴセファラスウミウチワ(海団扇)スレバルナ自然保護区カラクサシリスプルタルコスワチェットネフティスバシリスクウアジェトドルスタルネフテュスオシリスアビドス死者の書アヌビスセレートート

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android