コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーリング材 シーリングザイ

デジタル大辞泉の解説

シーリング‐ざい【シーリング材】

《「シーリング剤」とも書く》構造物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充塡(じゅうてん)する材料。コーキング材などペースト状の不定形シーリング材と、合成ゴムを成形してはめ込む定形シーリング材がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シーリングざい【シーリング材】

水密性や気密性を得るために、目地に充塡する材料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

シーリングざい【シーリング材】

空気や水が入らないようにすきまに充填(じゅうてん)する材料。一般には合成樹脂やモルタル・油性パテなどが用いられ、タイルの目地(めじ)、建物外部のサッシ取り付け部、外壁のすきま、コンクリートの継ぎ目などに使われる。部材の膨張や変形を吸収して互いに影響しないようにする目的もある。◇「シール材」「シーラント」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーリング材
しーりんぐざい
sealing

建物には各種の継ぎ目やひび割れなどがあって、その部分から水が漏れたり、湿気が入ったりする。そういう欠陥が生じないよう、水密・気密性能を保持させるために充填(じゅうてん)する材料で、不定形(パテ、液状のもの)と定形(棒状、紐(ひも)状)のものがある。パテ状で原料が油性のものをコーキング材calking, caulkingとよぶ。
 シーリング材の成分は、主成分、硬化剤、可塑剤、充填材、着色材などで、主成分によって種類分けされている。
 不定形シーリング材の主成分は、あまに油、シリコーン、ポリサルファイド、ポリウレタン、ブチルゴム、アクリル、SBRであり、定形のものは、クロロプレン、塩化ビニル、ブチルゴム、ゴムアスファルトである。硬化剤、可塑剤には主成分の樹脂に適合するものを、充填材には炭酸カルシウムやタルクなどを、着色材には酸化チタンと無機顔料を用いている。
 シーリング材のおもな用途は、鉄筋コンクリート造の打継ぎ部分やサッシ回り、金属パネル(アルミなど)回り、ガラス回り、石・タイル目地、ALC板や石綿スレート板の継ぎ目、金属笠木(かさぎ)の取付け部分などであり、モルタルやコンクリートのひび割れの補修にも適している。このような用途から考えて、シーリング剤に求められる性能は、不浸透の材料で、充填された目地やひび割れの動きに従って変形でき、さらにそのような動きの繰り返しに耐えることが必要である。さらに充填された面と接着あるいは接触し続けること、自重で垂れ下がりがおこらないことが求められている。
 シーリング材を用いる場合の留意点は、シーリング材が充填される側の材質、その形状と予想される動き、外的環境(気象など)に対する考慮である。さらに工事にあたっては、温度、湿度、降雨に対する配慮が重要である。また、シーリング材は、コンクリートやタイルなどより寿命が短いので、適当な間隔で補修することが必要である。[岸谷孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシーリング材の言及

【新建材】より

…この中には在来の建材として使用されてきたものに対する代替材料としての新建材もあるし,今までにまったく使用されることのなかった材料としての新建材もある。前者の例としては木製サッシュに代わるアルミサッシュ,木ずりに代わる石こうボードなど,後者の例としては軽量気泡コンクリート(ALC),シーリング材(目地まわりに充てんする合成樹脂や合成ゴムのペースト状材料。コーキング材ともいう)などである。…

※「シーリング材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーリング材の関連キーワード防水工事(建設業許可の一種)東レ・ファインケミカルオート化学工業サンスター技研セメダイン多硫化ゴム防水工事液状ゴム打継ぎ新建材世界長

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーリング材の関連情報