コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェレヌク gerenuk

2件 の用語解説(ジェレヌクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジェレヌク【gerenuk】

四肢と首が著しく細長く,小さなキリンを思わせるアンテロープの1種(イラスト)。ジェレヌクの名は,ソマリ語で〈キリンの首〉の意。偶蹄目ウシ科の哺乳類。体に比較して頭部,とくに顎口(がつこう)部が小さく,雄には,はじめ後方に湾曲し,次いで上方にのびる長さ32~44cmのしっかりしたつくりの角がある。体色は白色の腹面を除いて全身赤褐色。ただし,背中側は暗色で,明色の体側面とコントラストをつくる。大きな目の周囲は白色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェレヌク
じぇれぬく
gerenuk
[学]Litocranius walleri

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。エチオピアからタンザニアまでのアフリカ東部に分布し、茂みが点在する乾燥した草原や半砂漠に生息する。肩高90~105センチメートル、体重35~50キログラム。角(つの)は雄にだけあり、長さ25~44センチメートル。頸(くび)が長く、体上面は濃い栗(くり)色または赤褐色で、側面は淡く下面は白色。単独か、つがい、ときに3~10頭の小群で暮らし、アカシアなどの葉や芽、若い枝を食べる。しばしば後ろ足だけで立ち上がり、高さ2メートルぐらいにある葉をむしる。ほとんど水を飲まずに生活できる。子は、雨期になって若葉が出るころ生まれる。1産1子。頸が長いため、敵の接近をすぐ感知するが、走るのはガゼルほど速くなく、近年乱獲により急激に数が減っている。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジェレヌクの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…多くは砂色で,アフリカとアジアに分布する。インド産で雄の体が黒いブラックバックAntilope cervicapra,警戒,逃走,遊びのときに高く跳びはねる習性をもつスプリングボックAntidorcas marsupialis,中央アジア産で時速96kmで走れるモウコガゼルProcapra gutturosa,多くの肉食獣にねらわれるグラントガゼルGazella granti,非常に警戒心が強く,やぶの中で生活するディバタグAmmodorcas clarkei,あごが長く,しばしば後肢で立ち上がって高いところの葉を食べるジェレヌクLitocranius walleriなど6属18種がある。(7)ダイカー亜科Cephalophinae きわめて小型で,角はふつう雌雄にあるが耳よりも短く,頭頂の冠毛でほとんど隠れている。…

※「ジェレヌク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone