コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンティレスキ ジェンティレスキ Gentileschi, Artemisia

3件 の用語解説(ジェンティレスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェンティレスキ
ジェンティレスキ
Gentileschi, Artemisia

[生]1597頃.ローマ
[没]1651以後.ナポリ
イタリアの女性画家。オラツィオ・ジェンティレスキの娘。父および G.レニのもとで修業。トスカナ地方 (1621~26頃) ,ローマ,ロンドン (1638~39) ,ナポリで活躍。オラツィオの画風を受け継ぎ,ナポリの画家たちに影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジェンティレスキ
ジェンティレスキ
Gentileschi, Orazio (Lomi)

[生]1563頃.ピサ
[没]1647頃.ロンドン
イタリアの画家。女流画家アルテミシア・ジェンティレスキの父。兄アウレリオのもとで修業したのち,若くしてローマに出て 1620年まで当地で活躍。その後ジェノバ (1621~23) ,パリ (25) を経てロンドンに渡り (26) ,没年までイギリス宮廷画家として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジェンティレスキ【Orazio Gentileschi】

1563‐1638ころ
イタリアの画家。本名ロミOrazio Lomi。トスカナ地方のピサ出身で,マニエリスム的な教養を持っていたが,ローマでカラバッジョの様式の影響を受け,カラバッジョ主義の画家の中でもっとも芸術的に水準の高い明暗様式を作り出した。フランスに行き,ついで娘の女流画家アルテミジアArtemisia Gentileschi(1597‐1652か53)とともにロンドンに住んで明暗効果の強いカラバッジョ様式をこれらの国々に伝えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェンティレスキの関連キーワードティエポロイタリアンANSAアルジェのイタリア人イタリア 150イタリア 150 トリオイタリアのハロルドイタリア料理の日イタリアーナセニガリアの聖母

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone