コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコウネズミ ジャコウネズミ Suncus murinus; musk shrew

3件 の用語解説(ジャコウネズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコウネズミ
ジャコウネズミ
Suncus murinus; musk shrew

食虫目トガリネズミ科。体長 12.5cm,尾長 8cm内外。体の上面は蒼灰色,下面は淡色。口吻が突き出ている。体には短毛が密生する。尾は基部が太く先細で,細長い毛がまばらに生える。人家や人家付近に多い住家型と,おもに森林にすむ野生型とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャコウネズミ

食虫目トガリネズミ科の哺乳(ほにゅう)類。形はジネズミに似るが大きく,雄は体長11.5〜13.3cm,雌は10.5〜12cm,尾6.5〜9cmほど。短毛を密生し,背面は灰褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコウネズミ
じゃこうねずみ / 麝香鼠
musk shrew
[学]Suncus murinus

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科の動物。沖縄諸島、台湾、中国南東部、インドシナ半島、インドなど東洋区に広く分布し、船舶などによりグアム島、マダガスカル島のほか日本では古くから長崎や鹿児島などに渡来したものが定着している。頭胴長11~16センチメートル、尾長6~8センチメートル。ジネズミを大形にした体形である。耳介が大きく、尾は基部が太く、先細りとなり、まばらな長毛をもつ。雄の成体の尾はとくに太い。体側に楕円(だえん)形の臭腺(しゅうせん)をもち、雄の成体のそれはとくに大きく、強い臭気を出す。毛は柔らかくて短く、背面は灰褐色、下面は灰色。歯式は

で合計30本、東南アジアでは低地の森林、農耕地周辺、人家内などにすむが、九州のものは住家性である。夜行性で、床下排水溝、石垣、やぶなどで昆虫、クモ、ミミズ、ヒル、カエルなどを食べる。約30日の妊娠期間ののち、通常2~6頭の子を産む。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコウネズミの関連キーワード地鼠尖鼠針鼠カワネズミ(川鼠)ジネズミ(地鼠)ジャコウネズミ(麝香鼠)トガリネズミ(尖鼠)ハネジネズミ(跳地鼠)ブラリナトガリネズミミズトガリネズミ(水尖鼠)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャコウネズミの関連情報