コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャバルティー al-Jabartī,`Abd al-Raḥmān ibn Ḥasan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャバルティー
al-Jabartī,`Abd al-Raḥmān ibn Ḥasan

[生]1753. カイロ
[没]1825/1826. カイロ
エジプトの歴史家。先祖はエチオピアのジャバルトの人。7代目の祖先がその地からカイロに移り,15世紀末か 16世紀初め頃,アズハル大学内にあるジャバルトの人たちのリワーク (寄宿舎,教室などをもつ勉学設備) に入り,やがてその学頭 (シャイフ) となった。その後,子孫が学頭の地位を世襲し史家ジャバルティーにいたった。主著『伝記と史話との伝承の不思議さ』`Ajā'ib al-āthār fī al-tarājim wa'l-akhbār (4巻) は 1688~1821年のエジプトの歴史で,ナポレオンのエジプト遠征やムハンマド・アリーの支配時代の前半など,エジプト近代化の重要時期を含む。アラブ史家の伝統的な編年史形式に拠っているが,それに重要人物の伝記を豊富に入れてある。続編を書く意図があったらしいが,実行したかどうか疑問となっている。彼の史書はムハンマド・アリーの子孫から忌避されたため,全巻が印刷されたのは 79年または 80年になってからであった。彼にはこのほか,フランス軍のエジプト占領時代の歴史"Muzhir al-taqdīs bi-dhahāb dawlat al-Faransīs"など数著があったが,それらのうち『千一夜物語』の校訂本などはまだ発見されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャバルティー【al‐Jabartī】

1753‐1825
エジプトの歴史家。先祖がエチオピアのジャバルト地方出身であったことからこの名で呼ばれる。カイロでのジャバルティー家は7代前までさかのぼることができ,ハナフィー派のウラマーの名門であった。彼の代表作《伝記と歴史における事蹟の驚くべきことAjā’ib al‐āthār fī al‐tarājim wal‐akhbār》は,イブン・イヤース以後オスマン時代においてしばらくとだえていた編年体形式のイスラム年代記の伝統を復活した著作として高い評価を受け,また,エジプト人歴史家の手になる最後の本格的年代記であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジャバルティーの関連キーワード産業革命史(年表)大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家小池友識

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android